剣道の逆胴が上達する練習メニュー

剣道の打突部位の一つである逆胴は「左胴」とも呼ばれ、相手の左側の胴を打つ技です。

決まり手としては珍しい部類の技ですが立派な有効打突部位であり、好機においてこれを的確に攻めることができれば戦術の幅が格段に広がります。

では、逆胴が上達するためには、どのような練習メニューがあるのでしょうか。


1.逆胴のメリットとリスク

剣道の前に出るタイプの胴技では、相手の右側の胴を打ち、自身の右斜め前方へとすり抜けていく「抜き胴」がもっとも一般的なものとして知られています。

したがって、右胴に対する警戒や防御は堅固ですが、意外と逆胴は防ぎにくく、ガードが甘くなりがちです。

こちら側としても打ちにくい技であるため、なかなか一本とならず珍しい決まり手となっています。

しかし、試合の流れの中で左拳を頭上に上げて剣先を大きく下に向け、小手と面と右胴をいっぺんにかばうような体勢がとられることがあります。

思わず攻めあぐねてしまう局面ではありますが、突きと逆胴はがら空きとなるため、ここはチャンスととらえて確実に逆胴などを決めたいところです。

逆胴はたとえ一本とならなくても、打つことで相手に心理的なプレッシャーを与えることができます。

特に油断していたところを厳しく攻められた場合、逆胴への警戒を強めるため注意力が分散し、隙が生まれやすくなります。

剣道における強力な攻め口としても逆胴は有効に作用する技だと言えます。

一方、逆胴にはリスクも存在しています。抜き胴といった形ですり抜けていくことの多い右胴打ちでは、迅速に相手との距離をとるため反撃を受けにくくなっています。

ところが、逆胴ではその場に留まって打つことも多いため、もし打ち込みが不十分であれば反撃を受けて逆に一本をとられてしまうといった可能性もあるのです。

したがって、あくまで二の太刀・三の太刀を続けて打てるような体勢と気構えが必要となります。


2.正確に狙うこと、安全圏に身を置くこと

逆胴で難しいのは、正確に打突部位を捉えることです。右手に力が入りがちな太刀筋となるため、竹刀の軌道が安定せず、狙いを外しやすくなることがあります。

基本に立ち返り、手の内を柔らかくして正しく打ち込む練習を重ねましょう。

また、打った後にその場に居着いてしまうと反撃を受けやすいので、素早く一歩相手の懐に入って残心し、攻撃を許さない体勢をつくることが大切です。

あるいは打った勢いで左斜め後方に素早く後退し、「引き逆胴」の体勢で迅速に相手との距離をとることも有効です。

以上のように、普段の練習でも逆胴を打った後にどのように自身を「安全圏」に移動させるかを考えることで、飛躍的に技が上達していきます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ