剣道の竹刀を振るスピードを上げる練習メニュー

剣道における攻撃は、極論すれば突き技を除いては「振り上げて、振り下ろす」というシンプルな動作に集約されていると言えます。

面しかり、小手しかり、斜めに打つ胴も軌道が異なるだけで、やはり同じ動作で構成された技として捉えることができます。

高速でお互いに打突を繰り返す剣道では、いかに相手より早く決定打を繰り出すかという「スピード」も重要となってきます。

つまりいかに竹刀を振るスピードを高めるか、という課題に応えることが剣道の上達や、強くなるための鍵の一つであるとも言えるのです。

では、竹刀を振るスピードをアップさせるためには、どのような練習メニューをこなせばよいのでしょうか。


1.肩・肘・手首の強調動作を身に付ける

竹刀を速く振るためには、やみくもなスピードアップを目指すのではなく、身体全体を使ってバランスよく竹刀を加速させるための技術を身に付ける必要があります。

どれだけ腕を素早く上げ下ろしできても、肝心の竹刀そのものにスピードが乗るように振れなくては本来の目的を達することができないためです。

そのためには、肩→肘→手首と力を伝達させ、それによって竹刀をムチのようにしならせるイメージをもって剣先にトップスピードを加えるような振り方を体得しなくてはなりません。

まずはゆっくりと、基本通りの正しいフォームにそって入念に素振りを繰り返しましょう。

上達するにつれてうまく力が竹刀に伝わると剣先が「ビュッ」と音を立てるようになり、いわゆる「竹刀がはしる」といった感覚が身に付くようになります。

竹刀のスピードは腕の上下動のスピードではなく、竹刀本体を加速させるためのスピードであることを意識づけましょう。


2.軽い竹刀を用いた素振りで、しなやかさとスピードアップを

通常の試合で使う竹刀よりも重いものを練習で用いることで筋力をアップし、本番での竹刀を軽やかに扱おうという発想は古来よりなされてきました。

一方ではもちろん効果的な方法ではありますが、ここではあえて、重い竹刀での練習に加えて軽い竹刀を用いた素振りをしてみましょう。

重いものを鍛錬に使うと筋力が強化され、したがって運動速度も向上するといわれていますが、大切なのは重い負荷で鍛えられる筋肉と、スピードをつかさどる筋肉ではそのつき方が異なるという点です。

軽い竹刀を素早く振る練習を積むことで、筋肉の収縮・伸展を迅速に行えるような身体が発達し、しなやかで瞬発力のある筋肉がかたち作られます。

したがって、重いものを振ることで得られる筋力に加えて、剣道に必要な「スピード」を重視した振り方が可能となり、打ち込みの速度も向上していきます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ