面返し胴のやり方と練習方法│剣道の上達法

みなさん、返し技はご存知ですか?

返し技を覚えていると、試合での勝率がグッと上がると思います。

返し技にはいくつかの種類がありますが、今回は返し技の一つで一番スタンダードな「面返し胴」についてお話していきたいと思います。


1.返し技ってなに?

返し技とは、まず打ち込んできた相手の竹刀を刷り上げるように受けます。

そして自分の手首を素早く返しながら体をさばいて相手に技を打ち込む技です。

すり上げ技同様に、相手の打ち込んできた竹刀を捉えることはとても難しいと思います。

ですが、前に出るような気持ちで相手が打ち込んできた竹刀を受け流すようにすると成功しやすいと思います。

練習メニューの中に取り入れ、コツをつかめば大きな武器になること間違いなしです。


2.どんな種類があるのか?

返し技で一番スタンダードなものが、今回お話する面返し胴です。

その他にも胴返し面、小手返し小手などもあります。

種類ややり方を覚えて習得すれば、試合で流れを掴むことも可能です。

まずは面返し胴についてしっかり学んでいきましょう。


3.面返し胴のやり方

面返し胴とはどのような技なのでしょうか。

まず、中段の構えから相手に攻め込みます。

相手がこちらの面を打ってきたところに右足を右斜め前に踏み出し、竹刀の左側で相手の面を受け流します。

そして右手首を返して相手の右胴、自分から見ると相手の左胴に打ち込みます。

手元をあげて、相手の竹刀を受け流し自分の右手首を返しながら竹刀を左胴に打ち込むようにすると良いと思います。

相手の竹刀を受けるときも、胴を打つために手首を返す時も自分の左手は体の中心線から外してはいけません。

あくまでも竹刀の方向を決めるのは右手なので、左手を中心線から大きく動かし打たないように注意してください。


4.面返し胴のポイント

面返し胴は、相手と自分の間合いが近すぎても遠すぎても打つことが難しくなってきます。

もし、近すぎて手首が返しづらいときは左手を右手に近づけると胴が打ち込みやすくなります。

ここで注意していただきたいのは、「竹刀から手を離さないこと」です。

どうしても胴を打ったときに、抜きづらく左手を竹刀の柄から離してしまう方がいます。

それでは一本にはなりませんので注意してください。


5.まとめ

剣道の面返し胴のやり方と練習方法、いかがでしたか?

どの返し技も難しいものが多いですが、苦手意識を持たずに受け方・返し方をしっかりと練習メニュー内に取り入れていきましょう。

手首の動き、足さばきなどコツはたくさんありますが、剣道の技で大事なことは「自分から攻める」ことです。

待つ剣道ではなく攻める剣道を心掛け、返し技の練習メニューに取り組んでみてください。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ