剣道の面打ちが上達する練習メニュー

「面打ち」は剣道にとって象徴的ともいえる技であり、剣道の代名詞であると考える人も少なくありません。

自分にとってはもっとも遠い距離にある打突部位であり、そのため竹刀による迅速な防御が可能で、感覚器官が集中した頭部は鋭敏に動くため、捉えることが困難であると言えます。

ただそれだけに人体にとっての急所であり、打つことが一番難しい箇所をあえて狙うことで正々堂々の戦いを繰り広げるという、観る者にも剣士の誇りを感じさせる素晴らしい技の一つであると言えます。

そんな面打ちが上達するためには、どのような練習メニューがあるのでしょうか。


1.基本は真っすぐ一歩攻めて、真っすぐ打つこと

面の基本の打ち込み稽古で行うような、真っすぐ一歩攻め入って、真っすぐ打つ面こそが「究極の面打ち」と言えるのではないでしょうか。

攻め勝って打つ、というのが剣道の至上の制し方であるとされており、事実、完全に攻められた状態だと全くの無力となるため、たとえ打たれなくとも攻め合いで負けたと感じたら自身の負けを自ら宣告する剣士もいるほどです。

正面から真っすぐ攻め入って打ち込む、というのはお互いに狙い合った状態では非常に困難な勝ち方であり、それがためにあえてその境地を目指して稽古することが肝要とされています。

「面さえ打てればどこでも打てる」と極論されることがあるのもそういう意味においてであり、最も難しい技を練り上げることで全体のレベルアップを図る効果も期待できます。





2.多彩な面技を満遍なく練習する

一口に面技といっても、そのバリエーションは仕掛け技と応じ技を合わせると相当な数にのぼります。

戦局に応じて最適な技を選択し、戦法の幅を広げるためにもこれらの面技を網羅する心構えで練習することも、面打ち上達への大切なステップとなります。

剣道の試合では戦いが長引くと攻防のパターンが決まってきて、膠着状態に陥りやすくなる傾向があります。

そんな戦局を打開するためにも多彩な技を身に付けて、相手の意表を突くような大技で圧倒するという「隠し玉」として使うことも有効です。面技でそのような例を二つご紹介しましょう。

一つ目は「担ぎ面」です。文字通り、大きく左肩に竹刀を担ぐ「逆八相」のような構えになりながら気と身体全体で攻め込み、相手が防御反応を示した瞬間に面に打ち込みます。

もちろん胴や小手への変化も可能で、捨て身の心境で相手を制する大技であると言えます。

もう一つは、「片手横面」です。竹刀を旋回するように振りかぶりながら右手を離し、左片手で相手の横面に打ち込みます。

この時左足を前に出して踏み込むことでリーチを伸ばし、特に後退する瞬間の相手に対して有効な「飛び道具」となります。

正攻法と、意表を突く技の両方を使えるように練習しておきたいものですね。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ