剣道の上段の構えが上達する練習メニュー

剣道でもっとも多く使われる構えは、両手で握った竹刀の剣先を相手に向ける「中段の構え」ですが、それを頭上に高々と振りかぶった状態の「上段の構え」も目にすることがあります。

特に長身の剣士に好んでこの構えをとる人が多く、中段とはまた異なる手ごわい剣風で試合場をわかせることもしばしばです。

では、このような上段の構えが上達するためには、どのような練習メニューがあるのでしょうか。

剣道における上段の戦術や構えのバリエーションについての解説を交えてご紹介したいと思います。


1. 上段のバリエーション

剣道ではひとくちに「上段」と言っても、その構えにはさまざまなバリエーションが存在します。

左足を前に出して竹刀を頭上に振りかぶり、剣先をやや右側に傾けて構える「諸手左上段」、中段の構えからそのまま真っすぐ竹刀を振りかぶる「右上段」。

または「正上段」、右片手で構える「片手右上段」、同じく左片手で構える「左片手上段」、そして変則的ではありますが、右手を柄頭、左手を鍔もと近くという、通常とは逆の握り方で右足を前に出した「諸手右上段」などの構えがあります。

なかでも「諸手左上段」がもっともポピュラーな上段の構えであり、以下はこの構えを中心に記述します。





2. 上段の武器、「片手技」を磨く

上段の構えは胴ががら空きとなり、中段同士の時のように竹刀で払ったり擦り上げたりといった攻め合いができないため、一見隙だらけのようにも見えます。

しかし、上段の構えを特徴づける強力な武器として、頭上から高速で振り下ろされる「片手技」があります。

そのリーチは諸手の打ちとは比較にならず、豪快に繰り出される遠間からの攻撃によって安易な接近を許さず、中段の構えにとって大きな脅威となります。

上段の構えを修行する剣士は、この片手技をまずは徹底的に磨きましょう。

大きくは「片手面」と「片手小手」の技があり、状況に応じてどちらも打ち分けられるよう練習します。

特に手首のスナップや筋力の強化も課題であり、たとえ初撃が外れても片手のままで二の太刀・三の太刀とつなげて、相手に付け入る隙を与えないようにすることを目指します。


3.上段の心構えを意識する

上段の構えが上達するための練習の秘訣は、技術的なことに加えて精神的な部分もまた大きいことが知られています。

竹刀での直接的な攻め合いができない上段では、より強い「気攻め」や「体攻め」が必要となるため、相手に対して常に気持ちの面でも圧倒するくらいの心構えが大切です。

上段は「天の位」や「火の構え」と例えられるように、激しい気勢と一歩も引かない不退転の攻撃意思が身上です。

強い信念と精神力をもって構えることが、上達へのカギとなります。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ