剣道の残心が上達する練習メニュー

剣道には、「残心」という概念があります。

これは一本となる打突を行った後でも、即座に敵の攻撃に対処することのできる体勢と気構えを示すものであり、具体的には打ち込んで相手の横をすり抜け、振りかえると同時に素早く構えをとる、といったことがポピュラーな残心の形です。

これは非常に重要なものであり、たとえ十分な打突ができたとしても、残心がなかったり、不十分であったりすると一本とは認められず、ひどい場合には一度上がりかけた審判の旗が下ろされ、「無効」とされることもあるのです。

とても大切な「残心」が上達するためには、どのような練習メニューをこなせばよいのでしょうか。


1.追撃の脅威に備える、実戦での残心

残心は、勝負がついたと思って気を緩めてしまうことを戒める意味合いももっています。

確実に打ち込んだと思って相手の横をすり抜け、勝負あったと気を抜いて振り返ったところ、実は一本とは認められておらず、隙のできたところを打たれて逆に一本取られる、というシーンもあるのです。

したがって、残心は単なる様式ではなく実戦上の切実な意味をもった動作なのです。

そのため、普段の練習では打ち込みからすり抜けていく直後に、基立ちには迅速に追撃してもらい、打ち込んでくるようなメニューを組みます。

こちらはそれより早く振りむいて残心を示し、相手の打ち込みに対して即座に応じ技などで反撃する稽古を積みます。

残心は形だけではなく、いつでもそのまま攻防の動作を行えるような体勢を保つことが肝要です。


2.迅速に振りかえり、元の体勢に戻る稽古を

残心が苦手な人には、振り返って構えるスピードが遅いという例が多いものです。

そこで、相手との距離をとったあとにはできるだけ素早く振りかえって、正しい姿勢で構えるような練習を積むと効果的です。

具体的には、身体より一足早く竹刀の剣先を後ろの相手に向けて突き出すように倒し、そこを基点として身体を反転させるようなイメージをもつとよいでしょう。

相手の左側をすり抜けた時は自分の左側、相手の右側を抜けた時は自分の右側にそれぞれ竹刀を倒し、同じ方向に回転することで迅速に相手に正対することが可能となります。


3.剣道形で緊張感ある残心を身に付ける

剣道形は、段位の審査の時には必ず課されることとなる、剣道の根幹をなすものです。

これには多くの残心の形が伝えられており、真剣をもって戦った古の剣士たちの気構えを学ぶものでもあります。

通常は木刀を用いて形を打ちますが、竹刀とは違った怖さや緊張感は、とてもよい鍛錬となります。

上達に伴ってぜひこの稽古を普段からとりいれ、厳しい精神的なプレッシャーを剣道形から学びとり、竹刀での試合に活かしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ