剣道でかかとに痛みが走る原因と対策

スポーツを行うに当たり、怪我はかなりの確率でつきものです。

剣道もほかのスポーツ同様、怪我をすることがあります。

特にかかとに痛みを覚える方が多いのではないでしょうか?

かかとに痛みを感じるのは一体何が原因なのでしょうか?

今回は剣道でかかとに痛みが走る原因と対策についてお話していきたいと思います。


1.かかとに痛みが走る原因

かかとに痛みが走る理由はいくつかあると思います。

まず、右のかかとが痛む場合です。

この時の理由としては「踏み込みの仕方が間違っている」もしくは「かかとで袴の裾や縫い目を踏んでしまっている」ことが考えられます。

剣道の踏み込みは「1トンの重圧がかかっている」ということを聞いたことはありませんか?

一瞬ではありますが、それほどのすごい力が踏み込みの時に足にかかります。

いくらかかとが硬いといっても、大きな力を何度も何度も同じ場所で受け続けていれば痛みにつながります。

ですが、本来の正しい踏み込みは足の裏全体が床に付いています。

正しい踏み込みができていれば、かかとにだけに力が加わることもなく痛みにつながりません。

もうひとつの理由として「かかとで袴の裾や縫い目を踏む」ことが考えられます。

袴が正しく履けていなかったり、稽古中に緩んで落ちてきてしまったりすることでこのような事態が起きる場合もあります。

次は左足のかかとに痛みがある場合です。

この場合は、鍔迫り合いや引き技を決めた時などに左かかとに負担がかかっている可能性があります。




後ろに下がってしまう癖がある人などは特にかかとに痛みを感じやすいようです。


2.痛みへの対策

右かかとが痛い方は、まず踏み込みのやり方を見直してみてください。

前ではなく、上へ飛んでいませんか?

剣道の踏み込みは床と平行になるようにイメージして行ってみてください。

踏み込みも上達しますし、かかとへの負担もなくなり痛みを感じることが少なくなると思います。

そしてしっかりと正しく袴を履きましょう。

長すぎても短すぎても、前下がり、後ろ上がりになっていてもいけません。

左かかとに痛みを感じている場合は、後ろに重心をかけないことで改善する可能性があります。

鍔迫り合いや面を打たれたときなど、後ろに重心をかけず前に重心をかけるようにしてみてください。

いつでも前へ前へと攻めの姿勢を保てば自ずと改善させていくと思います。

また、サポーターの使用も痛みを和らげる効果があります。

しかし、あくまで痛みを和らげているだけなので完治しているわけではありません。

あまりにも痛みが続くようであれば、しっかりと休み必要であれば病院受診をおすすめします。


3.まとめ

剣道でかかとに痛みが走る原因と対策、いかがでしたか?

剣道での足の痛みはつきもの、痛いのはしょうがないと無理に稽古をしてはいけません。

痛みは蓄積し、いずれ大きな怪我につながってしまうかもしれません。

痛みを感じた時には、しっかりと休め回復させることが大切です。

そして再度同じ痛みを味わうことのないよう原因の改善に努めていきましょう。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ