剣道で大切な握力の鍛え方

剣道において、握力を鍛えることはとても重要度の高いトレーニングとなります。

しっかりした打突を打つためには握力・腕の筋力など上半身のバランスが取れていないといけません。

握力を付けるためには、どのような練習メニューをこなしていけばよいのでしょうか?

今回は、剣道で大切な握力の鍛え方についてご説明していきたいと思います。


1.なぜ握力が大事なのか?

まずは、なぜ剣道で握力が大切なのかをご説明いたします。

剣道は左手で竹刀を持ち、右手を添えるような形で構えます。

そして、打撃を放つ際には左手を前に出し、右手の手首を使います。

しっかりと左手で竹刀を持ち、支えることが出来なければしっかりとした打撃を放つことはできません。

竹刀をしっかりと持ち安定させることが出来ない場合、相手からカウンター攻撃を食らう可能性もあります。

さらに、相手の攻撃に耐えられず竹刀を落してしまった場合は、反則とみなされてしまいます。

つまり、握力で竹刀を支えることが出来ないと、自分にとって不利なことが多くなってくると言う事です。

竹刀をしっかりと持つ、重要性は伝わりましたか?

では、次に実際に握力を付けるためにはどうすればよいのかを見ていきましょう。


1.木刀を愛用しよう

普段の練習メニューに素振りを取り入れている人はとても多いと思います。




そして、素振りを竹刀で行っている人も多いと思います。

馴染みのある竹刀で、常日頃の鍛錬を積むことはとても良いと思います。

ですが、今回は敢えて木刀での練習メニューをお伝えしていきたいと思います。

木刀は、観光地などでも売っているものをよく見かけます。

しかし、その木刀の多くはあくまで「形」を楽しむものが主流となっており「練習」をするためのものではありません。

練習メニューで使用する木刀は、専門店で購入した物を使用して下さい。

専門店で購入した木刀は竹刀よりも重量があります。

その為、木刀で素振りを行うだけでもしっかりと竹刀を持てる握力を鍛えることが可能です。

木刀で素振りを行った後に、竹刀を振ってみてください。

竹刀がとても軽く感じられると思います。

これを続けていけば、握力の大幅アップも見込めます。


1.最後に

剣道で大切な握力の鍛え方、いかがでしたか?

握力を鍛えるために、何も特別な練習メニューをこなす必要はありません。

普段竹刀で行っている練習メニューを木刀に変えるだけでも、今以上の握力を身に付けることは可能です。

さらに木刀での練習は、握力だけでなく剣道に必要な上半身の筋肉も一緒に鍛えてくれるため、まさに一石二鳥です。

是非、「木刀」を購入し練習の相方にしてみてください。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ