剣道に必要な筋肉のつけ方

剣道で速い打突を打つために、早く踏み込むために、必要なものはなんでしょうか?

もちろん数をこなした練習が一番効率よく上達する方法だとは思います。

しかしやはり、そのために必要な筋肉は欠かせないと思います。

ですが、筋肉はつければいいってものではありません。

剣道には剣道に必要な筋肉があります。

今回は剣道に必要な筋肉をどのようにつければいいのか、おすすめの練習メニューのご紹介致します。


1.剣道に必要な筋肉は剣道で付けよう

早い面を打ち込むために、がむしゃらに腕のトレーニングを行ったりしていませんか?

上半身の筋肉は、剣道に必要な筋肉であることは間違いありません。

特に肩や腕の筋肉は竹刀を扱う上でとても重要になってきます。

しかし、しっかりとブレない軸を作り正確無比な打撃を打ち込む為の筋肉は肩や腕だけではありません。

筋肉を付けるだけであれば、重いダンベルなどを使いウェイトトレーニングで十分効果が出ると思います。

しかし剣道では竹刀を振り下ろす動作が入ってくるため、ウェイトトレーニングで鍛える筋肉とは違う筋肉を使用します。

その為、剣道で必要な筋肉はやはり剣道で付けることが一番良いと思います。





2.おすすめの練習メニュー

早い打突を繰り出すために、普段行っている竹刀での素振りを木刀に変えてみましょう。

木刀は専門店等で購入した竹刀よりも重いものに限ります。

竹刀よりも重い木刀で素振りを行うだけで、剣道で必要な筋肉が鍛えられます。

また、木刀がない場合は使用しなくなった竹刀などを数本同時に持ち、素振りを行ってみてください。

この練習メニューでも木刀同様に剣道に必要な筋肉を鍛えることができます。

そして、踏み込みに関しても同じことが言えます。

踏み込みを早くするために、踏み込みだけの練習メニューを取り入れてみてください。

意識して行うだけでも、踏み込みに必要な筋肉を発達させることができます。


3.まとめ

剣道に必要な筋肉のつけ方、いかがでしたか?

剣道に必要な筋肉は、ウェイトトレーニングなどでつく筋肉と違うことが多いです。

筋肉そのものは重いものですので、必要以上に筋肉をつけてしまってはスピードが落ちてしまう可能性もあります。

剣道で必要な筋肉は、上半身だけでも下半身だけでもいけません。

バランスよく筋肉をつけることが大事です。そして、その筋肉を生かすも殺すも自分次第です。

剣道に必要な筋肉をしっかりと身に付け、自分の剣道の糧にしていってください。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ