剣道の八相の構えの特徴と効果的な技の出し方

剣道の構えで「八相の構え」がありますが、現代剣道ではほとんど使う機会が無いと思います。では、なぜこの構えが今でもあるのか?

これは、一撃必殺で有名な薩摩藩発祥と言われる「示現流」の存在が深く関わってくると考えてます。

みなさんは幕末の日本で維新のために要人を切り倒していた通称「人斬り半次郎」をご存知でしょうか?

彼は薩摩藩の出身で、八相の構えに近い状態から「一の太刀を疑わず」という教えから二の太刀は考えず、一撃で相手を仕留めることを追求している剣術を使用して有名になりました。

剣術はいたってシンプルで、八相の構えに近い状態から袈裟斬り(相手の左肩から右脇腹)するだけですが、その一太刀には全身全霊が込められており受けたら最後。自分の刀ごと身体にめり込むほどの威力らしいですし、日々の修練も生半端なものでは無く、技術よりも命をかけてその一太刀に賭けれるかという武士道を超越した精神力がモノをいうらしく、使いこなせる剣士も数える程であったと云われています。

また、かの有名は新選組の近藤勇局長からも「示現流の初太刀はかわせ」と恐れられていたほどです。

では、現代剣道においてその手法は通じるのか?

答えは「NO」だと考えます。




そもそも袈裟斬りのような有効打はありませんし、「面」を狙うなら上段の構えをしたほうがはるかにメリットがでるし、「小手」や「胴」であれば中段の構えのほうが少々の変化にも対応でき、全体的なバランスが良いとされています。

そうしたデメリットだらけの「八相の構え」から効果的に攻める方法は何があるでしょうか?

そして、剣道をさらに上達させるにはどうしたら良いか考えていきましょう。


1.「逆胴打ちを狙うべし!」

私個人の考えに固執してしまいますが、「八相の構え」から最も狙いやすく有効打となり得るのは「逆胴打ち」であると考えます。

通常であれば、八相の構えより竹刀を振りかぶって面を狙いたくなるところですが、逆の立場から考えると面打ちしか出来ない相手に対しての対策と返し技については用意に考えられます。

つまり、そこの相手の隙をついて「面」と見せかけて空いた「胴」を狙うという攻め方が一番効果的だと考えます。

おそらくやってみた方はお気づきだと思いますが、手の返しや竹刀の振りの軌道は最短距離で行えますし、相手からしたら途中までは「面打ち」の軌道のため分かりません。

この相手の裏を返す攻め方によって「八相の構え」が有効に効果を発揮できるのではないでしょうか?
また、この「八相の構え」の実戦での使い方を練習することで剣道がさらに上達すること間違いありません。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ