八相の構えへの効果的な攻め方 | 剣道が上達する練習方法

剣道の構えで「八相の構え」と称される構えがあります。

これは、左上段の構えから竹刀を下して鍔が口元に位置する所で止め、左手は体の中心、竹刀は45度傾けて刃の部分を相手に向けて構える野球のバッティングフォームに似た構え方です。

この構えを真正面から見ると前腕が漢数字の「八」の字に配置されていることが由来と言われています。

おそらく真剣時代では刀をただ手に持つ上で必要以上の余計な力を消耗しないように工夫されています。

これは一人対複数人で対峙した時に、どの方向からでもすばやく剣先が向けれるように垂直方向に位置させているのと、甲冑などを装備している時には一番構え易いというところがポイントです。

相手との単純な攻防では実用性があまり無く、相手の左肩から右脇腹へ斜めに振り下ろす「袈裟懸け」や相手の鞘をさしている側を狙った「逆胴」は仕掛けやすいことが特徴です。

しかし、現代剣道では「袈裟懸け」という有効打はありませんし、逆胴自体もオーソドックスでは無いため判定が厳しく見られたりとメリットがあまりありません。

よって、ほとんど相手が構えてくることはありませんが、剣道上達のためにはイレギュラーの場面も想定して、準備しておかなければなりませんので「八相の構え」に対する効果的な攻め方を学んでいきましょう。





1.「逆小手を狙うべし!」

「八相の構え」は、相手に対して左手を向けて構えているため、逆小手が非常に狙いやすくなると考えられます。

また、逆胴に並び逆小手も審判からの判定の目が厳しくなりますが、八相の構えに対しては十分有効打として認められると考えられますので優先的に狙いましょう。

私個人の考えとしては、八相の構えからは「逆胴」か変形上段からの「面」しか攻め技が無いと思いますので、その出ばなを狙うことで更に一本になる確率は高まると思います。

ここで注意して頂きたいのが、決して相手が八相の構えをしたからといって、自分の構えや間合い・攻めパターンを崩さないでください。

あまりメリットの無い八相の構えをするということは、相手からするとこちら側の動揺や隙を作りたくて一時的に戦術を変えているだけかもしれないからです。

剣道のセオリーとして蹴るための左足を前に出している時点で、踏み込み技は出来なくなっているため「面」や「小手」は距離的に届きませんし、届いたとしても手打ちは一本になり得ませんので安心してください。

剣道において、どんな時でも平常心は大事です。心を静めて自分のスタイルを貫くように心がけてください。そうすることでも上達具合に差が出てくると思います。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ