中段の構えとは? | 剣道が上達する練習メニュー

今回は、現代の剣道において最も基本的な構えである、中段の構えやその練習メニューを紹介いたします。中段の構えの足は、右足を前に、左足を後ろにします。

手は左手の小指と薬指から竹刀の柄(つか)の端を握り、そこから肘から先の腕の長さ分のところを右手で握ります。以下、具体的に剣道の中段の構えの構え方を説明いたします。 

第一に、足の形をつくります。まず、左右の足の間の距離を決めます。まず、日常生活で歩いているように普通に歩いてみましょう。

そして、約5-6秒後右足が前になった瞬間に止まります。この時の左右の足の位置が構えの時の足の位置です。次に、左足のかかとの高さを決めます。

まずは、体育館の舞台のように、ある程度の高さから飛びます。このとき、左足の指を舞台の端にかけて飛びましょう。できるだけ低く遠くに飛びましょう。

ある程度できるようになりましたら、床から数センチくらいの台を使って同じことをやってみましょう。可能な限り遠くに飛ぶのがコツです。

これができるようになりましたら、この時の左足かかとの高さをよく覚えておきましょう。

次に、先程の左右の足の間隔をもう一度作り、この高さまで左足のかかとを上げます。これで中段の構えの時の足の形の完成です。




第二に、竹刀の握り方を決めます。まず、左手の小指と薬指で竹刀の柄の端の部分をしっかりと握ります。この時、手首と腕は力を入れず、柔らかくしておきます。

少し手首を上下左右に動かしてみましょう。動きますか?手首はできるだけ滑らかに動くように握りましょう。初めは握り方だけ修得するために、短く軽い竹刀を使って握ってみるのも大変効果的です。

そして、左手の親指から中指を握ります。この時、手は竹刀の上から握ります。竹刀の柄に縫い目がついておりますので、これを境に右側に親指、左側に他の指がくるように握ります。

次に、右手です。右手は右腕の肘を柄の端に置き、肘を柄側に曲げます。この時の右手の位置で右手は握ります。握り方は左手と同様に竹刀を上から握ります。縫い目の左側に親指、右側に他の指を置き、握ります。

第三に、竹刀を収める位置を決めます。まず、握りこぶし2~3個分前のへその前に左拳を置きます。次に、左拳の位置を若干前後左右に変えてみましょう。一番収まりの良いと感じた位置が最適な左拳の位置です。最大数センチ程度個人差があります。

最後に姿勢です。少し顎を引き、肩の力を抜きます。そして、下腹に力を入れましょう。これで剣道の中段の構えの完成です。練習メニューに取り入れてみましょう。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ