武士のイメージする構え「剣道八相の構え」とは?

八相の構えをみれば、剣を自由自在に扱って攻撃し続けるようなイメージを連想する構えに見えますが、この構えは自身から攻撃する構えではありません。

この八相の構えも、五法の構えの中の一つでありますが、剣道の試合などであまり見る事のない構えの一つです。


1.八相の構え

八相の構えは、「陰の構え」と言われ自身から攻撃する構えではなく相手の出方によって自身の攻撃を変化する構えで、構えた時の腕の形が「八」と見えるので八相の構えとも呼ばれています。

この構えも、真剣勝負をするときに、重い刀を無駄な力を使わずに、戦いやすかった構えの一つだったようです。

八相の構えも、「脇構え」、「下段の構え」と同じように相手の出方次第で変化する攻めの構えですので、相手の動きを瞬時に見極める気持ちと、相手を威圧する気持ちで構えなければない構え方です。

剣道では中段で構える事が多いのですが、この八相の構えは人の動きで剣を扱うように楽な構え方、もしくは余計な力を使わずに済む構え方として工夫されています。


2.八相の構え方、練習方法

左足を半歩踏み出しながら、左上段で構えるように竹刀を頭上へ振りかぶり体を右斜めに向けながら右肩へ下します。

右拳が右肩の鍔、口の高さにくらいに下し構えます。頭は、正面を向け竹刀は右方へ少し傾けて弦が自身の見える位置に向けています。(木刀の場合は、刃が右前方に向いている)

練習メニューは、五法の構えで中段、上段以外は日本剣道形で構えを練習することが良いです。

日本剣道形での八相の構えは、4本目の打太刀が八相の構えになり、八相の構えは構える動作時に、自身で鏡の前に立ち腕の動き、目付なども確認しながら八相の構えを行いましょう。

目付とは、相手を見る目の位置をいいますが、ここで言う目付は、「遠山の目付」のことをいい、遠くの山をみるような感じで、相手の目を見るようにしながら相手全体を見て、相手の動きを察知することを言います。

八相の構えは、日本剣道形の4本目を練習メニューにして行って下さい。

竹刀を使って構えるのも良いですが、五法の構えの練習では、木刀を使うことで気持ちを入れやすくなり、正しい姿勢、目付を意識するようになります。

剣道の練習では、一つのことを修練しようとするうちに、不思議と沢山の技や動きなど全てが一致して練習していることなっているのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ