剣道の上段の構えによる踏み込みの方法

剣道において、構えは「五つの構え」と言われているように、主に5種類あります。

竹刀剣道では、主に中段と上段が多いと思いますが、自分自身が上段の構えではなくても、上段に関する知識は必要です。

上手にできるかは別として、上段の構えや、踏み込みを伴った打突ができるようになることは大切なことです。


1.五つの構え

剣道において「五つの構え」は、「五行の構え」または「五方の構え」とも言われ、剣道の代表的な構えとされています。


1.上段の構え(天の構え)

剣道において上段は、「火の構え」「天の構え」といわれるように、全てを焼き尽くすような、あるいは天のように上から圧するような攻撃の構えであります。

中段の構えから頭上に振りかぶった構えで、構えの足の出し方により、諸手右上段・諸手左上段または片手上段(右・左)などの種類もあります。

剣先の角度は45度にします。


2.中段の構え(人の構え)

剣道において中段は、水のようによどみがなく、八方の敵に応じられる構えであります。

また、正眼の構えとも言われ、どんな動作にも都合がよく、攻防自在の構えとされています。

自然の体勢であるので、一般的に最も多く用いられている構えであり、全ての構えの基本となります。

剣先の高さは咽喉部とし、その延長が相手の両目の中間に位置するようにします。

左拳はへそから一握り前やや下に置くようにして竹刀を持ち、正中線上を離れないように構え、右足を前に出して自然体で立ちます。


3.下段の構え(地の構え)

下段は大地のようにゆるがぬ防御の構えであります。

自分から進んで打突しようとする構えではなく、相手の変化に応じて、いつでも対応して攻撃できるような気持ちで構えます。





4.八相の構え(陰の構え)

八相は「木の構え」といわれ、太刀を大木の如く立て、八方の敵に応じる構えです。

陰の構えとも言われ、直ちに攻撃する構えではなく、相手の動きを監視し、出方によって攻撃に変化する構えであります。


5.脇構え(陽の構え)

脇構えは「陽の構え」といわれ、自分の太刀を後ろに隠し、必要に応じてどのようにも変化する構えであります。

自分の太刀を相手に知られないように構えるため、相手の出方によって太刀を長くも短くも使うことができます。


2.上段の構えの踏み込み方

上記で記したように、上段の構えでも諸手右上段・諸手左上段または片手上段(右・左)など種類があります。

通常一般的に多いのが、諸手左上段と思われます。

この諸手左上段は左足を前に出す構えなので、踏み込みは左足で行います。

上段の構えから、竹刀を振り下ろし打突をすると同時に、左足で踏み込みます。

上段の構えを志した人は、特訓を重ね上達させるのですが、普段は中段の構えをとる人は、正しい諸手左上段の構えから、踏み込んで打突部を打てる程度で十分です。

しかし技術は追いつかなくても、正しい踏み込み方や、構えを理解しておくという事は、将来指導する立場になった時などに必要な力となります。


3.まとめ

上段の踏み込みは、通常の踏み込みとは逆の足で行うということです。

踏み込みを上達させるためには、何回も稽古を重ねることですが、一般的には方法を理解しておく程度でいいかと思います。

上段を上達させたいと考える人は、上段で実際に構えている人に教えてもらうというのも一つの手段です。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ