脇構えとは? | 剣道が上達する練習メニュー

今日のトピックは脇構えです。その構えや練習メニューを紹介します。脇構えは、刀を右脇下へ下げ、相手に刀の長さや形状を悟られないようにする構えです。

日本剣道形の4本目で仕太刀側の構えとして使われておりますが、現代の剣道の試合において脇構えが使用されることはめったにありません。

その主な理由として、構えから自然な形で打突部位への打突が困難であること、現代剣道で最も多く攻撃される面が構えた時点でガラ空きになってしまうこと、打突開始姿勢が相手に悟られやすいこと、竹刀の長さや形状が決まっており、それを隠す意味がないことなどが挙げられます。

決して、脇構えが禁止されているわけではありませんし、相手の意表を突く目的で使用するには効果的かもしれません。

実際にYouTubeでは地稽古において上級者が試験的に脇構えを使用している動画があります。そこでは相手(中級者)がどう対応してよいか迷う場面も見受けられました。

ただし、脇構えに構えられるのは、やはり相手との距離が十分に離れた時しかありませんので、近間に入ってしまうと、構える機会さえない、また打突の際には打突部位までの距離が長いので実力差のある相手でさえ悟られやすいという印象を受けました。

脇構えの構えを具体的に説明します。体を右半身にし、左足を前にし、つま先を相手に向けます。一方、後ろにある右足はそれに対して垂直にして、左足かかとよりやや後ろ付近に置きます。

両足のかかとは中段の構えとは異なり、浮かせず床にべったりつけます。また、脇構えは、他の構えに比べて膝をやや曲げ気味にして構えます。

左脇はしっかりしめ、左拳は中段の構えと同じように、へその握りこぶし1~2個分前に置きます。右脇もしっかりしめ、右手は竹刀を上から握ります。

動く時は、左右の足を交互に前に(後ろに)出しながら進みます。竹刀は右脇下に向けて構えます。打突は半円を描くように行います。

次に、日本剣道形での脇構えに使われ方を説明します。使用するのは4本目のみです。従って、4段以上の昇段審査の二次審査(日本剣道形)を通過する上でとても重要な構えとなります。

まず初めに仕太刀は木刀を大きく振りながら脇構えに構えます。一方、打太刀は八相の構えに構えます。次に、打太刀、仕太刀共に左足、右足、左足と交互に前足を変えて半身にしたまま3歩入ります。

この時、頭の位置を上下しないよう、また体を左右に振らないよう注意します。そして、一度上段の構えにする形をとるようにして大きく振りかぶり面を互いに打ちます。まれに練習メニューに組み込みましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ