素振りのコツ | 剣道が上達する練習メニュー

前回は剣道の素振りのやり方を説明致しましたので、今回は素振りのコツを紹介いたします。練習メニューにおいて最初に行われる素振りのコツをしっかり押さえ、少しでも剣道が上達できるよう頑張りましょう。


1.毎日行いましょう

素振りだけでなく剣道全般に言えることですが、そのコツを頭で理解することは比較的簡単です。しかし、それを体を使って実現するためには、一定期間一定量練習メニューをこなすことが必要不可欠となります。

素振りも同じです。幸い素振りをするにはそれほど広いスペースを必要としません。少しだけで構いませんので、可能な限り毎日やりましょう。稽古は嘘をつきません。


2.手足を同時に動かしましょう

初心者の場合、前進時の素振りは、まず竹刀を振り上げ、右足に出し、竹刀を振り下ろし、左足を素早くひきつけ、面を打つと習います。

このレベルの素振りがある程度できるようになりましたら、以下のような素振りを行ってみましょう。

前進時右足を出しながら竹刀を振り上げ、左足をひきつけながら竹刀を振り下ろします。

先程のやり方と比べてかなり筋肉を使いますので、疲れます。しかし、手と足を同時に動かしますので、打突スピードは飛躍的に向上します。

また、この素振りができるようになりますと、相手の喉元寸前まで竹刀を振り上げずに構えた状態のまま打ち間に入り、面を打つことができるようになります。つまり、打つ動作をギリギリまで相手に見せなくなり、自分の繰り出す技が防御されるにくくなります。


3.腰の高さを一定にして動きましょう

素振りの足さばきのコツは、腰を高い位置に一定に保ったまま前後左右に大きく動くことです。天井から下がる糸でつられているようなイメージで動きます。体のパーツごとに分けて考えますと、

・左足の膝を折りません
・前進時、左足を素早くひきつけ、後進時、右足を素早くひきつけます
・左足裏で地面をしっかり蹴り、体を前に押し出します(ただし、跳ねないようにします)
・右足のかかとは若干浮かせ気味にし、動きやすくします

となります。

注意しなければならない点がたくさんあり、素振りするのもとても大変ですね。しかし、初めから全て意識して練習する必要は全くございません。自分が直し安い所から少しずつ少しずつやっていけば良いです。

鏡で自分の姿や動きをチェックしながら、素振りを行ってみましょう。自分の悪い点が一目瞭然ですし、剣道が上達する近道ともなります。

また、練習メニューの最初に行われますので、ビデオカメラで四方八方から撮影し、後で一人あるいは複数人で見直すのもとても良い方法です。

鏡では見えない部分もしっかり見えますので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ