左右面の素振りのやり方と効果 | 剣道が上達する練習メニュー

剣道の左右面の素振りにおける重要性は非常に高いと言えます。

剣道の稽古法の一つに“切り返し”というものがありますが、その基本となる素振りが左右面の素振りといえます。


1. 左右面の素振りの重要性

左右面の素振りがなぜ剣道では重要なのかというと、前述したように剣道の稽古法の一つの“切り返し”の基本となる素振りであるからです。

この“切り返し”は剣道の基本動作での技術を上達させるため総合的に行うことのできる稽古法の一つで、剣道の正しい打突に必要な手の内、間合、足さばき、呼吸法そして気力・体力などが身につきます。

この“切り返し”に含まれるのが左右面であります。

ですから、左右面の素振りを正しく体に覚えこませることが正しい切り返しに繋がっていくのです。


2. 左右面の素振りの方法

左右面の素振りを行う前に、剣道の素振りで最もオーソドックスな素振り“正面素振り”を覚えることが必要です。

正面素振りとは、正面打ちを前後に足さばきを行いながら行うものです。

正面打ちは、左拳が頭上にくるまで、または両腕の間から相手の面が見えるくらいまで振りかぶり、真っ直ぐ正面の位置に振り下ろします。

この時の注意点は、竹刀の振りかぶりは約45度の角度で行い、仮想の相手の頭上から顎まで切り下ろすような気持ちで竹刀を振り下ろすことです。

そして左右面の素振りはこの正面打ちと同じ要領で振りかぶり、その後頭上で右手を返し左面(右面)の位置に左右約45度に竹刀を振り下ろします。

その時同時に足さばきも必要になります。

振りかぶりと同時に右足を前に出し、振り下ろしと同時に左足を引きつけます。これが前進する場合です。

後退の場合は、振りかぶりと同時に左足を後ろに引き、振り下ろしと同時に右足を引きつけます。

前進の時に左面、後退の時に右面が基本となります。

また変則的に、前進2本後退2本などの場合は、前に左右面、後ろに左右面という風に行ったりもします。


3.まとめ

この左右面の素振りの注意点は、左右約45度というのを正しく行うことです。

角度が小さすぎると手首の返しを鍛えられないため、いくら振っても切り返しの効果が期待されず左右面の上達に繋がりません。

また角度が大きすぎても、刃筋が正しくないため、刀法として間違ってしまいます。

大切なのは左右面の素振り約45度ということを最大限意識することで、正しい打突の上達に繋げていくことなのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ