剣道が上達する打ち込み稽古のやり方と上手な取り組み方

剣道で「打ち込み稽古」とは元立ちに対してひたすら面を打ち込んでいく稽古です。

しかし、ただ面を打つだけではなく、「二段・三段打ち」「返し面」「出ばな面」「払い面」等のここまでで学んできた技術を折込んで面を打っていきます。

この稽古の良いところは剣道の基本である中段の構えから様々なパターンの面打ちを練習できることです。


1.「打ち込む方の心構え」

「打ち込み稽古」は「掛かり稽古」とは違い、元立ちが隙を作ってくれます。

もしくは、隙がない場合はこちら側から隙を作り出して面を打っていきます。

そして、短時間ではなく一本一本に対して実戦に近い攻め時間を設けて練習します。

そのため間合いや剣先での牽制、元立ちが作った隙(例えば中段の構えを崩す、ワザと小手を打ってくる、下段の構えにする等)に細心の注意を払って打ち込まないといけません。

この攻めの姿勢を練習することが本来の目的なのかもしれません(個人的見解ですが・・・・)

剣道を上達させるためにはそういった環境下で正確に面を打つことができるように練習するのが効果的であると言えます。


1.「打ち込まれる元立ちの心構え」

元立ちは何も考えずに隙を作っているだけでは本当の意味での打ち込み稽古になりません。




元立ちは立っているだけではなく、打たれる時も常に剣道の上達に繋げるために意識をしていないといけません。

それが意識できる人と出来ない人では練習量が単純に2倍変わってくるわけですから、大きな差が生じることもありえます。

打ち込む方が面を打ちやすいような隙はどういった方法があるか=どういう隙を見せたら相手が打ってくるのか。

という目線で隙を作ってあげましょう。

また、時折打ち込む方に対して小手や胴を打つことで、打ち込みが単調になってきていることを分からせないといけません。

そして打ち込む方がリズムよく打てるように、テンポよく隙を生じさせる必要もあり休む暇がありません。

そのため、掛かり稽古の時より打ち込み稽古のほうが元立ちの負担は大きくなります。

しかし、勘違いしないでほしいのが負担が大きい=練習量に繋がっているはずなので剣道の上達のためのレベルアップは着実にできることを覚えておいてください。

最後に、上級者の打ち込み稽古を見ると分かりますが、「え?今隙あった?」というくらいささやかな動きで面打ちが繰り出されていきます。

初心者や経験が浅い方は、決して背伸びせずしっかり正確に着実に練習していきましょう。

何度も行ってきましたが剣道は基本が大事です。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ