打ち込み稽古とは? | 剣道が上達する練習メニュー

今回は、剣道においてとてもつらい練習メニューの1つである、打ち込み稽古について初心者にもわかりやすくかつ詳しく説明いたします。

打ち込み稽古とは、元立ちが掛かる側にわかるように打突部位を明確にあけ、ここを打てという意思表示を行い、掛かる側はどんどんその打突部位を打ち込んでいく練習です。

どんどん面や小手面などの基本技をたくさん打ち込むことにより、基本技をしっかり身につける練習メニューです。かかり稽古の前段階の稽古としても用いられます。

似たような稽古として、かかり稽古があります。しかし、かかり稽古との大きな違いは、打ち込み稽古は元立ちが打つべき打突部位を必ずあけて、ここを打てという意思表示を明確にして掛かる方はそこを的確に打ちこむことが求められます。

しかし、掛かり稽古は必ずしも元立ちから明確な意思表示があるとは限らず、むしろ空いているところや打てるところを掛かる側が自分で探し、どんどん積極的に打ち込んでいくことが求められます。

また、打ち込み稽古では元立ちはすなおに打突部位を打たせてくれますが、かかり稽古は打突途中で竹刀をいなしたり、払ったりすることがあります。 

打ち込み稽古のコツは、
1.一足一刀の間合いからしっかりとした基本技を出すこと。決して近間から打ち込んではいけません
2.一足一刀の間合いになったら、すばやく中段の構えに構え、すぐに打ちこむこと

です。

1.一足一刀の間合いからしっかりとした基本技を出すこと。決して近間から打ち込んではいけません

剣道の最も基礎的な打突は、全て一足一刀の間合いの間合いから打つ技であり、それが正しいとされています。

試合や地稽古では近間から打ち込むことがありますが、打ち込み稽古においては最も正しいとされている間合いで打つことが求められます。

この理由は、実は一足一刀の間合いの間合いでしっかり打てれば、近間までもうまく打てるのです。

しかし、逆はありえません。打ち込み稽古で近間からしか打てない人は一足一刀の間合いからは打てません。どちらの間合いでも打てるように、打ち込み稽古では必ず一足一刀の間合いから打ち込みましょう。


2.一足一刀の間合いになったら、すばやく中段の構えに構え、すぐに打ちこむこと

剣道の打ち込み稽古と基本稽古の大きな違いは、どんどん打ち込むことです。ゆっくりと打つのであれば、それはもはや打ち込み稽古ではありません。

打ち込み稽古は攻め足を意識するのではなく、とにかくまっすぐで力強くすばやい打ちを打つことを重視しています。

これができれば、試合等でも一本となる打ちがいつでもできます。試合で一本となる打ちが出せるよう、中段の構えに構え、構えたらすぐ打ちましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ