剣道の稽古にはどんな種類があるの?

剣道に限らず、武道や芸道では練習することを「稽古」と呼んでいます。

「稽古」とは「いにしえをかんがえる」という意味であり、古来からの教えを守りつつ練習し、更なる工夫・研究を重ねるという意味が込められています。

実にさまざまな稽古法が伝わっており、いずれも上達のために工夫されてきた効果的な方法ですが、剣道の稽古にはどのような種類のものがあるのでしょうか。


1.切り返し

剣道の基本となる稽古法に「切り返し」があります。正面を打って体当たり、そのままの勢いを利用して左右の面打ちを前進・後退を織り交ぜて繰り返します。

現在でも稽古の初めと終わりには必ず実施される練習法であり、剣道の基本的な打撃法の全ての種類が含まれていると言われる大切な稽古です。


2.打ち込み稽古

「打ち込み稽古」は実際に相手に向かって、連続して打ち込んでいく稽古法です。実戦における打突の感覚や間合い、体捌きなどを総合的に学ぶ有効な稽古法です。

「基本打ち」と呼んで行う場合は、面や小手などの単発の技に始まり、小手面などの連続技、そして引き技や応じ技など多彩な打ち方を学びます。


3.掛かり稽古・相掛かり稽古

「掛かり稽古」は、基立ちとなる相手が空けた部位に対して、即座に打ち込んでいくことを繰り返す練習法です。

普通は一定に時間を決め、太鼓などの合図で一斉に打ち込みを始め、時間内はフルパワー・フルスピードで行うという激しく荒々しい稽古でもあります。

体力・気力を鍛え、咄嗟の判断力を養うためにも重要な稽古法です。「相掛かり稽古」は、さきほどの掛かり稽古の要領で、今度はお互い同時に打ち合います。

さらに激しいスタイルでの練習法のため、実戦で相手に打ち負けないスタミナと攻撃姿勢を養います。


4.地稽古

稽古の締めくくりに行われることの多いのが「地稽古」です。

「互格稽古」の別名でも知られ、柔道や空手で言うところの「乱取り」、ボクシングや格闘技における「スパーリング」などに該当する種類の稽古法です。

二人一組で実際の試合のように自由に技を打ち合い、実戦を想定した稽古を行います。

ただし、あくまでも稽古であるため、その場での勝敗を決する性格のものではなく、自分の欠点を克服したり、苦手な技の練習、または修得したい戦法などを存分に試す機会として捉えられています。

また、師範の先生方や上位の先輩方に稽古をつけてもらえる機会でもあるため、積極的に指導をお願いしにいくことが大切とされています。

これを上位者に「掛かる」といい、上達を目標に実力差のある相手と戦い、指導を受けることで自身の剣道をレベルアップさせる稽古でもあります。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ