剣道が上達する出稽古のやり方と上手な取り組み方

いろいろな意味で剣道が上達できるだけではなく、礼儀や相手に対する精神も鍛えられる「出稽古」について、上手な取り組み方を学んでいきましょう。

まず、「出稽古」とはその名の通り、他の道場や学校に訪問した先の剣士たちと共に稽古を行い、いつもとは違う練習方法や指導内容、時には模擬試合を行って新たな刺激を受ける機会を得ることを目的としています。

しかし、稽古というキーワードだけで考えると上記の内容だけでもいいかもしれませんが、実際には他の少年団や部集団にお邪魔して稽古をさせてもらっているので、感謝と相手に対する敬意を忘れてはいけません。

例えば、道場に訪問する際の挨拶や靴をきれいにしまっておく、荷物はまとめて通路などにはみ出ないように配慮する等。

細かいようですが、剣道を行う剣士の心得としては当たり前のことです。

そして、率先して道場の掃除や機材の準備・後片付け等を行います。

つまり、相手にとって礼儀やマナーがしっかりしているということをお披露目する機会であるといっても過言ではありません。

けして、稽古内で相手とのレベルの差を見せつけたり、より上達するための練習方法や指導を受けることが本来の目的ではないのです。

これは、最近の指導者の方も勘違いしている人が多いです。

結局は人間関係との付き合いになってくるので、こちら側がしっかりとした態度でいることで、「次はこちら側から出稽古をさせて頂きたい」と思わせることが大事です。





1.「出先の稽古内容を理解する」

基本的な稽古や練習内容は被るものの、その道場オリジナルの練習・指導内容があるはずです。

それは、道場の方針だったり指導者の方の意志だったり、何かしらの想いがあって取り入れているはずです。

その意図を感じ、理解するように心がけましょう。

例えば、通常二段打ちの練習までの所、三段打ちの練習まであった場合、この道場では連続技に対して重要視している何かがあるのかも?また元立ちもしっかり後ろに向って送り足で足運びをしないといけないため、足さばきに対して重要視しているのかも?

そういう感覚で着目していけば、今後剣道が上達するためのヒントが見つかるはずです。


1.「出先の剣士の長所・短所の傾向を理解する」

掛かり稽古や打ち込み稽古をするとよく分かるのですが、出先の剣士の攻め方や打突の正確さや実力レベルが分かってきます。

その時に、自身に当てはめて何が出来ていて、何ができていないのか?を把握するようにしましょう。

こては、相手側にとっても同じで、自身の長所・短所を見せることで何が今後必要なのか?不足しているものは何か?が総点検できます。

ただ、稽古に参加するだけではなく参加した中で何が発見できるか?を理解してください。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ