追い込み稽古とは? | 剣道が上達する練習メニュー

今回は、剣道においてとてもつらい練習メニューの1つである、追い込み稽古について初心者にもわかりやすくかつ詳しく説明いたします。

剣道の追い込み稽古とは、道場の長い距離を端から端まで、面あるいは小手面の連続技で相手を追い詰める練習や中段の構えのまま後退する相手を追い詰め、最後に面あるいは小手面を一本しっかりと打つ稽古です。

剣道の練習メニューにおいて追い込み稽古が最も重視する点は体を前に出すことです。実は追い込み稽古で打つ打ちが正しい打ちをすることは求められていません。

むしろ、なかなか動かない体をすばやくいつもの動きになるように行う稽古です。特に、足さばきや踏み込み足の左足が重要となります。

どんなに名選手でも年齢とともに足は動き出しにくくなります。こんなときしっかりと追い込み稽古をやれば、自然と足は動くようになります。

この時重要なポイントは、元立ちは遠慮しながらではなく全速力で後ろに下がること、掛かる側は途中であきらめず粘り強く追い続けることです。

追い込み稽古では最後に一本技をしっかり決めればよく、途中は可能であれば決めるべきですが、そうでなくともしっかりと相手を追うことが重要です。もちろん、足をすばやくたくさん動かさねばならないので、とてもつらいです。

追い込み稽古では、面の連続打ち、小手面の連続打ちを行うことが多いです。それぞれの技について順に解説します。 

まず、面の連続打ちです。面の連続打ちにおいて、掛かる側は「ヤー」の掛け声のあと、「メーン」と面を打ち、その後はひたすら連続して面を打ち込みます。

このとき元立ちは遠慮せずすばやく後ろに下がりましょう。掛かる側もしっかり足を動かし追いましょう。そして、道場の端まで行ったときに元立ちが止まりますので、そこをしっかり面を打ち、一本となる打ちをしましょう。

次に、小手面の連続打ちです。小手面の連続打ちにおいて、掛かる側は「ヤー」の掛け声のあとに、小手面を打ち、その後はひたすら小手面を連続して打ち込みます。

このとき小手は面に比べて近くにあるので、どうしても歩幅を狭くして、短い距離を踏み込んでしまいます。小手面の小手をしっかり足を前に出して打ちましょう。

そうすれば次の面打ちも距離が短くなる分かなり楽になります。そして、道場の端まで行ったときに元立ちが止まりますので、そこをしっかり小手面を打ち、一本となる打ちを出しましょう。

追い込み稽古は地味に辛いですが、一番体が動きやすくなる稽古です。積極的に行いましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ