一人でできる剣道が上達する稽古のやり方

どの競技でも、自主練をすることが競技の上達や結果と深く関わっていることがあると思います。

剣道も対人競技ではありますが、一人で行うことのできる独り稽古というのがあります。


1.独り稽古

剣道の一人で行うことのできる稽古法の一つに、素振りが挙げられます。

剣道の素振りは竹刀を上下や斜め上下に振り、竹刀の操作法を上達させる方法です。

足さばきと併用することで打突に必要な手の内や刃筋、身体の動きのバランスなどが養われます。

さらに相手の動きを想定しながら行えばより良い効果が期待できます。

そして道場などにある鏡などを利用して素振りを行うと、自分の姿勢や形をチェックできるので、悪い部分の修繕を行う際には非常に有効です。

素振りの種類と方法です。


1.上下振り

中段の構えより両手の手の内を変えないようにして竹刀を大きく振りかぶり、そのまま止めずに両腕を伸ばして左手の高さは自分の臍の位置ぐらいまで、剣先は下段の高さ(膝頭よりも下)ぐらいまで振り下ろします。

その時の両拳は自分の身体の中心を通ります。

速く振ろうとせず、竹刀の刃筋と軌道を確認しながらゆっくりと行うことがポイントです。


2.前進後退正面打ち

左拳が頭上にくるまで、または両腕の間から相手の面が見えるくらいまで振りかぶり、真っ直ぐ正面の位置に振り下ろします。

その動きに前進後退の足さばきを伴って行います。

竹刀の振りかぶりは約45度を意識し、打点が低くなり過ぎないように注意し、竹刀を遠くに振るイメージで行うようにしましょう。





3.前進後退左右面打ち

正面打ちと同じ要領で振りかぶり、頭上で右手を返し左面(右面)の位置に左右約45度に竹刀を振り下ろします。

これも同様に足さばきを伴って行います。

振りかぶりを真っ直ぐ行うことを意識し、約45度に手首をしっかり返すことを心がけましょう。


4.跳躍素振り

空間打突の正面打ちに前進後退の送り足の要領による跳躍をつけて行う素振りのことです。

この時の主な注意点としては、

1.前進後退の跳躍は高く飛ぶのではなく、右足の踏み込みを床から低く大きくし、左足の引きつけを鋭く、リズムよく行うこと
2.正しく前後の送り足の方法で行うこと(左足の引きつけ等)
3.両足を同時に飛ばないこと(跳躍素振りの効果が期待できない)
4.上肢と下肢のバランスに注意し、正面打ちを正確に行うこと


2.まとめ

前述した素振り以外にも様々な素振りの方法があります。

今、自分には何が足りなくて、上達させるためには何が必要で、何を強化すべきなのか、ということを自分自身で良く考え、課題を明確にした上で素振りに取り組むと、今自分が何の素振りをするべきなのかが見えてくると思います。

剣道は対人競技ではありますが、こうして一人で考え込んで行う素振りの時間も上達させるためには非常に大切なことです。

じっくりと自分の課題を考えながらできる素振りは一人で行う稽古として代表的な方法で、剣道を上達させるためには大切な稽古法の一つです。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ