竹刀の握り方 | 剣道が上達する練習メニュー

野球然り、ゴルフ然り、何らかの道具を握って行う運動では、その「グリップ」がとても重要な技術となることが知られています。

剣道においても竹刀の握り方は大きな関心事であり、その握りによって大きく上達への可能性が広がるという、奥の深い技術でもあります。

では、剣道が上達するための竹刀のに握り方を身に付けるためには、どのような練習メニューをこなせばよいのでしょうか。


1.基本の握り方を身に付け、自分にあった手の形を研究する

まず、竹刀を構える時には基礎的な握り方を指導されるかと思います。

左手の小指から竹刀の柄頭を握り締め、中指と人差し指は軽くそえるだけ、右手は全体を軽くそえて、両手の親指と人差し指の間にあるくぼみが、竹刀の柄革の中心にある縫い目の線を通るように構える、とされています。

竹刀の重量はほとんど左手の小指と薬指で支えるくらいの感覚で握り、振り下ろして打つ瞬間に両の手の内を内側にキュッと絞るようなイメージで止める、と、このような手順が説明されます。

これらの基本を守ることが大切ですが、厳密には手の形も大きさも各人一様ではなく、したがって握り方のコツもそれぞれに異なっているはずなのです。

基本の理論にそった形で、自分にとっても最適な握り方を探る必要があります。


2.なぜ、握り方が大事なのか

複雑な決まりのある竹刀の握り方ですが、ではなぜそのように握らなければならないのでしょうか。

初心者のうちによく陥る悪癖の一つに、「ゲンコツ握り」と呼ばれる竹刀の握り方があります。

これは文字通り、「グー」の形で竹刀の柄を握り締めてしまうことであり、剣道では厳しく戒められていることの一つです。

なぜならば、打ち込みの瞬間には鋭く手首のスナップをきかせる必要がありますが、ゲンコツの状態だとその稼働範囲が極端に狭くなり、十分に剣先をはしらせて冴えのある打ちをすることができなくなるためです。

基本通りに竹刀を握った拳を横から見てみると、ちょうど手が菱形のような形となり、それぞれの指が階段状に規則正しい段差をつけて並んでいることが分かるはずです。

この手の形によって手首が稼働する範囲を最大限に利用することができ、伸びやかで鋭い打ち込みが可能となるのです。


3.手の内の感覚は、「言い伝え」をイメージする

このような竹刀の握り方は例を示すことができますが、力加減まではなかなか正確に伝えることは困難です。

そこで、昔から口づてで伝わっている力の配分に対するイメージをヒントにしましょう。

例えば手の内には「卵を握るように」という表現があります。

これは卵のように壊れやすいものを手に収めるように、柔らかく竹刀を握ることの大切さを教えるものです。

フェンシングでは「掌中に小鳥がいるように」ともいわれ、同様の感覚を伝えるものでしょう。

これらを参考に、自身の加減をよく研究することが大切です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ