剣道の体当りを正しく使い実戦に生かそう!

剣道の試合や稽古中にみる体当りは、一本打ちや二段打ちなど、打ち出た打突が決まらずの体当りや、相手との鍔せり合いから次の手として体当りを使い、相手の構えを崩して引き技使うなど、次の打ちの手順として体当りを使っている場面を目にすることが多くあります。

では、剣道の「体当り」は、どのようなやり方で実戦などに使えばよいのでしょうか?


体当りの仕方

剣道の体当りのやり方は、相手の「斜め横(左右)」からの体当りと、「正面」からの体当りがあります。

相手正面からの体当りは、右足を一歩踏み出し、相手を真後ろに押して相手の体を崩し打ちます。

相手斜め横からの体当りは、鍔せり合いから自身の体を右(または右)に少し開くと同時に竹刀で相手の胸から肩にかけ、左斜め(または右斜め)後ろへ押し体を崩し打ちます。

基本体当りは、正面から行うことが多いのですが、体格差がある相手や相手の力が押す強い時などは、左右どちらかの斜めからの体当りが、自身の体さばきを行いやすく、真正面から逆に相手を体当り受ける前に、こちらから先に行うことも一つの方法です。

この斜め体当りの後に、引き技を使うと自然な流れで打ちやすくなるので初心者に練習しやすいです。

剣道の体当りは、相手を押し倒すことや、相手と押し合いになるなど、打突をせず相手と体当りのみを行うことをしてはいけません。

どちらかが打突部を打った後などや、鍔せり合いの時などを行うことが体当りです。


2.体当りを有効に生かすタイミングとは

体当りは、自身の隙や失敗などを消し、次の攻撃に出るにはタイミングを上手に生かさなければなりません。

そのタイミングは、相手が油断した時や接近した瞬間、相手が技を受けているだけで守りに集中している時などに、見極めて体当りを行います。

1.剣道体当りの練習メニュー
正面からの体当りの場合、面体当り、小手体当り、二段技からの体当り。左右からの体当りの場合、鍔せり合いからの左右体当りから、引き技の面や小手、胴打ち。

左右体当りのコツは、両拳を相手の腰を強く下から上にすくい上げるように当る。(引き技に転じる)

2パターンの体当りの動きは、剣道の基本動作の一つでもあり、上手く使いこなすことで攻防に生かせ、普段使いで基本練習メニューに入れて反復練習で体当りを修得しましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ