体当たりの使い方 | 剣道が上達する練習メニュー

今回は、剣道の体当たりの使い方や練習メニューについて紹介いたします。

体当たりとは、面や小手の一本打ちあるいは、小手面や面面のような二段の技や小手面胴の三段の技など連続技を打った後、しっかり腰を入れて竹刀を立てて、技を打ったその勢いそのままで相手にぶち当たり、相手の体勢を崩す技です。

初心者には一見すると、相撲のように見えるかもしれません。

剣道の体当たりには、その目的に応じてまっすぐ正面から当たる体当たりと、斜めから当たる体当たりがあります。

基本は前者ですが、後者も使われる頻度は少なくありません。特に、身長の低い選手や体重の軽い選手は後者を使用することが多いです。以降順に、剣道の体当たりを説明していきます。

まず、正面から当たる体当たりです。正面から当たる体当たりは、基本稽古の一番最初に行われる切り返しの時に、面を打った後に行う体当たりのことです。

練習方法としては、切り返しを何度も何度も繰り返し行いましょう。また、面体当たり引き面、引き小手、引き胴、あるいは小手面体当たり引き面、引き小手、引き胴、といった練習の繰り返し練習もとても有効です。

この時重要なのは、引き技を打つ前に勢い良くしっかりと体当たりを行うことです。

さらに、まず面あるいは小手面を打ち、体当たりをして、相手を後退させ、面を打つといった練習も効果があります。ここで重要なのは、体当たりを単独で行うのではなく、面や小手面を打った勢いをそのまま持続して体当りすることです。

こうすることによって、身長の低い選手や体重の軽い選手でも強い体当たりを実現できます。この技は現代の剣道の試合でも非常に有効です。ぜひ試合で使えるようなレベルまで上げましょう。

次に、斜めから当たる体当たりです。これは相手の右側あるいは左側から斜めに体当たりを行うことです。

この斜めから当たる体当たりは中段の構えの選手が上段の構えの選手に体当りするときに使えます。

中段の構えの選手が左上段の構えの選手と戦う時は、相手の左拳に剣先を向け、右側に回りながら攻めます。

これは、左上段の構えの選手は左側が見にくいため、中段の構えの選手はそこに入り込み、左小手を打つためです。中段の構えの選手が飛び込んで左小手を打った時外れた場合、必然的に体当たりし、つばぜり合いという流れになります。

しかし、この体当たりは、正面からァ体当たりを行うのではなく、右側から斜めに体当たりを行うと、相手は体勢を崩しやすいです。

上段の構えの選手への対策としてぜひとも身につけておきたい技です。練習メニューで反復練習を行い、試合で使えるようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ