逆胴のやり方と練習方法|剣道の上達法

剣道の胴と言う技には、たくさんの種類があります。

基本の胴打ち、引き技での胴打ち、返し技での胴打ちなど言い出したらきりがないほどたくさなります。

今回は、そんな沢山の種類がある胴打ちの中でも難しい「逆胴」についてお話していきます。


1.そもそも逆胴ってなに?

剣道での「胴」は相手の左右、どちらでも打つことが出来ます。

一般的には相手の左側、自分から見れば右側の胴を打ちます。これが普通の胴打ちです。

そして相手の右側、自分から見て左側の胴を打つものを「逆胴」と呼びます。

通常の胴打ちの逆を打つため、逆胴と呼ばれているんですね。


2.逆胴の打ち方

逆胴だからと言って、特別変わった打ち方をするわけではありません。

逆胴も、面・小手・胴打ちと同様に一足一刀の間合いで中段に構えます。

そして胴打ちと同じ様に、胴が打てる間合いまで入ります。

次に大きく竹刀を振り上げ、右足を大きく前に出します。

切返しの面を打つような感じで、相手の逆胴を打ちます。

打ったと同時に、大きく左足を上げ、先程踏み入れた右足を左足に付けるように抜き切ります。


3.逆胴の練習方法

逆胴は、通常の胴打ちと真逆に打ち込む必要があります。

その為、最初のうちはうまく逆胴を捉えることが出来ない人も多くいるようです。

そこで、是非練習メニューに加えておきたいのが「胴の左右打ち」の練習です。

相手に上段の構えで立ってもらい、空いている胴を左右に打ち込みます。

これを繰り返すことで、逆胴を打つ時の手首の動きなどを覚えることが出来ます。

打ち込みだけの練習に慣れてきたら、今度は足を付けてみましょう。

右足で大きく踏み込み、逆胴を打ち、抜ききる、という一連の流れを最初はゆっくりと行ってみてください。

そして慣れてきたらスピードをだんだんと付けていきます。

この練習を練習メニューに取り入れて、積極的に練習すれば効果はかなりみられます。


4.まとめ

逆胴のやり方と練習方法、いかがでしたか?

逆胴は、一般の試合ではあまり使う事がない技の一つです。

なぜなら、逆胴は相手が中段の構えのときではなく上段の構えのときに打つことが多いからです。

その為、学生の試合などではほとんど見ることはないと思います。

しかし、知識として「逆胴とは何か・どんなふうに打つのか」ということを身に付けておくことは良い事だと思います。

剣道には文武両道と言う言葉があります。

「文」とは学問のことを指し、「武」は剣道の稽古を指しています。

この二つのことをしっかりと学び、知識を身に付けて心身を鍛えていきましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ