実践的な引き胴の打ち方や使い所 | 剣道が上達する練習方法

「引き胴」は「引き面」と途中まで振りかぶりのモーションが同じなので、相手が面を防御してガラ空きになったところを打つのが打ち方のコツです。

その逆もしかりで、相手が「引き胴」に意識がいって面に隙があるようでしたら「引き面」にスイッチしてもOKです。

剣道では一つの技に固執する必要はありません。「面・小手・胴」の技はどのようなタイミングでも打てるように練習しておくことで様々な状況に合わせて使い分けができることを再認識してください。

その意識でさらに剣道のレベルが上達するはずです。


1.「鍔迫り合い(つばぜりあい)」

鍔迫り合いはお互いの竹刀の鍔で押し合う状態のことを示すのは承知の上ですが、その鍔迫り合いは引き技を打つための駆け引きが行われる状態です。

その鍔迫り合いで相手の鍔部を押さえ込んだり、押し合う力のバランスを崩したりして胴がガラ空きになるように仕掛けます。

ここで、胴をガラ空きにさせるコツは相手に面の防御をさせる動きをさせることです。こちらからは「引き面」のフェイントを入れるということです。

鍔迫り合いの時は胴の前に手があるのでそのまま打ってもすぐに防がれる可能性が高いので、押し合いの時に相手の鍔部(右手首)を下方向左右に振り、あたかも「引き面」を打つかのような伏線を張ります。




そして、「引き胴」は途中までのモーションが「引き面」と同じですので「引き面」が来ると意識していた相手は面を防御しようと構えが上方向に上がるので、胴に隙が生じるのです。

そこを狙ってください。練習する時も鍔迫り合い時の押し合い・全体の荷重移動を使うように意識すると試合でも使える技に上達します。


1.「引き胴で注意してほしいこと」

剣道の引き技全てに言えることですが、「引き胴」では特に注意して欲しいことがあります。

それは万が一防がれた場合に無防備の面を狙われやすい(引き面や引き小手であれば、防御態勢にすぐに移れる)ので、引き技の基本である送り足を上手く使い、相手が追撃できないくらいのスピードで距離を取りましょう。

私の経験では「引き胴」を決め損ねても一気に距離を離すことが出来れば、相手に対して一旦仕切り直しが出来ますのでデメリットはありません。場外にならないことだけ、事前に空間範囲を確認して状況に合わせて調整してください。

しかし、もちろん相手も必死で追って「面」や「小手」を打ってきます。それこそ審判の印象が悪くならないように二段、三段打ち等の連続技です。

その対応として送り足がしっかり出来ていれば引いている途中に構え姿勢に切り替えて、相手に対して出ばな技や返し技でカウンターを決めれるということも剣道では重要であるということを頭に入れといてください。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ