引き胴のやり方と練習方法|剣道の上達方法

剣道における「引き胴」の技は使えるようになると、とても便利な技です。

剣道の試合で勝つためにも、是非戦術の一つとして会得していきたい技です。

しかし、胴打ちはなかなか難しく習得するためには時間と努力が必要となります。

しっかりと胴打ちの練習メニューをこなし、引き胴を会得していきましょう。

今回はそんな引き胴のやり方と練習方法についてご説明いたします。


1.引き胴とはどんな技なのか?

引き胴とは引き技の一種です。

引き技は相手と接近した状態になっとき、相手の構えや体勢を崩して自分は後ろに引きながら放つ技です。

引き技の練習をする際は、しっかりと鍔迫り合いの方法を覚えてから技の稽古に入りましょう。

引き技は、踏み込んで打つ一本技などと違い勢いが付きづらい特徴があります。

その為、大きな気合で一本を取るような気持ちで打つように心掛けましょう。


2.引き胴の打ち方

まず、鍔迫り合いから相手の手元を押すようにします。

相手が押し返そうと手元を上げたところで左足を大きく引きながら右手首を返して正しい刃筋で相手の右胴、じぶんから見て相手の左胴を打ちます。

そして、左足を大きく後ろに出し素早く右足をつけて引きます。

もちろん、「胴」という気合を忘れてはいけません。


3.引き胴の練習方法

引き胴は鍔迫り合いから相手の竹刀を浮かし、銅を決めるという一連の動きを行うことが一番効果的だと思います。

引き胴だけの動作の練習をしても、まずは相手の銅に隙をつくらなければ決して決まることはありません。

なのでまずは、鍔迫り合いから相手の銅に隙を作らせる練習が肝心です。

これはなかなか、練習メニューの中だけでは会得し難いものがあると思うので実践での慣れが必要だと思います。


4.引き胴を打つ為の隙のつくり方

引き胴は相手の胴に隙がない限り、決して決まることはありません。

さらに、打撃だけではなく胴を打った時の「音」も一本を取るために必要な要素となっています。

ではどうすれば相手の胴に隙をつくり、音を響かせることができるのでしょうか。

答えは簡単です。相手に「引き銅を打つ」ということを悟られないようにすることです。

例えば、毎回毎回引き胴ばかりを狙っていたら「あ、また引き銅だな」と警戒されてしまい決して相手は隙を作ってはくれません。

では逆に毎回毎回引き面を打っていたらどうでしょうか?

相手は「あ、また引き面だな」と思い面を警戒すると思います。

まさにそれこそが引き胴を打つ絶好のチャンスなのです。

引き銅はある意味駆け引きに似ています。相手が打ってこないであろうと思っている所に打つことによって綺麗な一本が決まるのです。


5.まとめ

引き胴のやり方と練習方法、いかがでしたか?

剣道の技の中で、引き技を会得している人と会得していない人とではかなりの実力の差が出てきます。

引き銅は練習すればするほど、自分の力になってくれる最高の技です。

この引き胴を生かすも殺すも、いかに相手の隙を自分で作ることができるかが鍵を握っています。

通常の練習メニューっでは引き胴の打ち方を、実際の稽古で隙のつくり方を習得し、臆することなく引き胴を打てるように頑張って稽古に励みましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ