実践的な抜き胴の打ち方や使い所 | 剣道が上達する練習方法

「抜き胴」とは相手の面に合わせて体を半身ずらし空いている胴を打つ技です。

正直、剣道で決まれば一番カッコいい技だと思います。しかし、タイミングは非常に難しいし胴を抜く時の姿勢が崩れていると一本として認められない。

上達するコツは何か?そのコツは「面が来る前に胴を打つ」、「上から斜め下に向って打つ」です。

類似技で「面返し胴」や「払い胴」ありますが、基本は「抜き胴」からの発展系ですのでしっかり要点を押さえて練習をすることで、剣道の上達具合にも差が出てきます。


1.「面が来る前に胴を打つ」

相手が面を打ってきてから「胴」を打つでは遅く、技が詰まってしまいます。

そこで、初心者や経験が浅い方は構えの姿勢から胴打ちになるまでの手首の返しが遅いと勘違いしてしまい、詰まらないように胴を打つように腰の回転を使って無理やり抜こうとするので、極端な例でその場で回転するような状態となってしまいます。

これは剣道で重要な打突後の残心が残りません。

では、適正なタイミングはどこか?というと相手の面に対して同時もしくはやや仕掛け気味にすることです。

これは、間合いの段階で誘いを作って相手の起こりを読むことも大事ですが、剣先や目線のフェイントを入れて相手が面を打ってきやすい状況を作り出すことも重要です。


1.「上から斜め下に向って打つ」

初心者や経験が浅い方は胴は薙ぎ払うように切るイメージを持っているので、どうしても竹刀の剣先の軌道が横一線となりやすく、大振りになりがちです。

例えば野球ではピッチャーが投げたボールに対してバッターは構えた位置から最短の軌道で芯を捉えようとします。その時のバットの軌道は肩上方位置から腰位置までの斜線軌道を描き、「ボールを叩き付けるイメージ」で振ることでコンパクトのあるスイングが出来ます。

剣道の胴打ちもまったく同じことが言えます。

相手も面を打ちに自分に向ってきているのに対して、大振りでは胴を捉えれないか詰まった当たりとなってしまいます。

構え位置から顔の前付近まで振りかぶり、剣先を上から斜め下に向って打つイメージを持ってください。そして、胴を打つ瞬間に右手と左手で雑巾を絞るように打突して、そのままの姿勢で抜けてください。

その時に相手の面を気にして、自分の顔を傾けたり姿勢を崩したりするのはおススメしません。「抜き胴」はしっかり打突が決まった後の残心をしっかり残すことで、見た目も綺麗です。

自分が無防備になってしまうような危険な技だからこそ、綺麗な姿勢・残心を心がけてください。剣道が上達するには、その技自体の特性とメリット・デメリットを理解した上で練習し、自身の技に取り込むことが大事だと考えます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ