つばぜり合いのコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回は剣道のつばぜり合いのコツや練習メニューにについて紹介いたします。

つばぜり合いとは、竹刀のつば付近で相手と接し、拳で押したり引いたりして相手の出方を探りあい、次の引き技あるいは前に出て打つ技につなげるものです。練習メニューに組み込み、よく練習しましょう。

つばぜり合いのコツは、1.相手を押すときも相手から引くときも腕だけで行わず体全体を使って行う、2.小さい選手や力の弱い選手は相手の正面に立たず、左右に動いて斜めに立ち、相手から押される力を分散させる、3.つばぜり合いの最中も休まずに動いて積極的に自分から仕掛けることです。

以降、それぞれのコツについて順に説明していきます。


1.相手を押すときも相手から引くときも腕だけで行わず体全体を使って行う

つばぜり合いは、相手を押したり引いたりし駆け引きをおこないますが、これを腕だけで行うと、自分の体のバランスが崩れやすく、相手に打突の機会を与えてしまいます。

また、たとえ押したとしても大きな力を相手に伝えることができません。腕を使うというようりかは体幹の筋肉を使う、イメージとしては背中の背筋を使ってつばぜり合いを行うと効果的です。

つばぜり合い単独の練習で押し引きを練習するのも大切です。また、体幹を鍛える筋肉トレーニングもとても良いです。なお、体幹トレーニングは、つばぜり合いだけでなく、面小手胴突きの動作や攻めにも良い影響をおよぼすので、積極的に行うと良いです。


2.小さい選手や力の弱い選手は相手の正面に立たず、左右に動いて斜めに立ち、相手から押される力を分散させる

小さい選手や力の弱い選手は、体の正面でつばぜり合いを行うと、どうしても押し負けてしまい、やや不利な体勢になってしまう傾向があります。

こういった場合は、左右に積極的に動いて相手の斜め右か左に立つようにし、相手から押される力をしっかり分散させると有利な体勢になります。

このとき、単に左右に動くだけでなく、左右に動いたらしっかり相手を押しましょう。

背の高い選手は意外に横からの攻めに弱いので、きっと押せることでしょう。つばぜり合いは現代の剣道の試合では非常に高い確率で起こりますので、常日頃の基本稽古の中でしっかりと練習しましょう。


3.つばぜり合いの最中も休まずに動いて積極的に自分から仕掛ける

つばぜり合いは一種の膠着状態である場合があります。それもなかなか打開できないタイプのものです。従って、時には時間稼ぎの手段として使われます。

くっついていると打突できないからです。こういった場面でも休まずしっかり動いて積極的に自分から仕掛けましょう。

相手が時間稼ぎをする場合、基本的に間合いを詰めてきます。従って、引き技を打つことを考える前にしっかり相手を押し、スペースを作りましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ