剣道の鍔迫り合いが上達する練習方法

剣道で接近時に相手と自身の鍔と鍔を合わせた状態で引き技や間合いの駆け引きを行う場面が必ずありますが、その時の鍔迫り合いの形を正しく行うことで相手より優位に立てる可能性があります。

実は、この剣道の鍔迫り合いの形についてしっかりと教えれる指導者が最近では少なく、また教科書を見てもざっくりしか記載がないため、独特的なフォームになりがちです。

私が現役時代に試行錯誤して、一番よかったと思われる鍔迫り合いの形を紹介しますのでそちらで練習をして頂くことをおススメしたいと思います。


1.「鍔迫り合いの形」

鍔迫り合いの形は、竹刀の剣先が右斜め前方になるようにして、相手の面にはふれないようにしてください。

これは、面に触れた状態を続けたり、竹刀を横に倒した状態を続けると審判によっては反則をとられたり、相手の動きに対して即座に反応できない場合があります。

相手と竹刀の間には自分にしか見えない距離感みたいなものを持つようにしたほうが良いでしょう。

左の拳は、中段の構えよりやや下目くらいの高さで下げた状態とします。

これが上がってしまうと、鍔同士が当たらず、拳同士が当たり、剣先が左斜めになる可能性があります。

文字通り「鍔迫り合い」ですので、拳を当てた状態を続けると審判から「注意」もしくは「反則」をとられる場合もあるので注意してください。

両脇をしっかり締めることによって、力を逃げにくくします。

手を常に体の正中線上の胴体の中心に位置することができ、尚且つ身体全体の力を鍔に集中できるため安定度が増します。

脇が開いてしまうと力が逃げてしまい、腕の力だけで押すことになり形が安定しませんし、相手からの押しに対して負けてしまう可能性がありますので注意してください。

基本は、いかに身体がぶれずに安定できるか?を自分なりに考えて味付けしていけば良いのではないでしょうか?

上達するための事前準備として自分のフォームを確立してください。


1.「引き技への駆け引き」

鍔迫り合いを制するものが引き技を制する。

つまり、この鍔迫り合いの上手い下手で一本決まるか否かが決まります。

そのため、多くの剣士が勝負の駆け引きを鍔迫り合い中に行います。

相手と接近しているので、目線や顔、肩の動き等でフェイントを入れ、ちょっとした押し合いの力の緩急をつけることで、隙を生み出そうとします。

そういった中でしっかりと鍔迫り合いが出来ないと、相手にすぐに体勢を崩されてしまったり自身からの攻撃も出来なかったりしてしまうため、今以上に上達するためには鍔迫り合いの形を身に着け、さらに引き技への駆け引きを覚えていって剣道スキルアップしていってください。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ