小手の誘い方 | 剣道が上達する練習メニュー

剣道は相手がいるからこそできる競技であり、その相手に究極の1本を打てるようになるために日々の修練を積み重ねていくことが目的とされています。

その相手に究極の1本を打つためには相手との駆け引きの中で打突の機会を探ります。

その駆け引きの中の一つに小手の誘い方があります。


1.駆け引きとは

剣道の駆け引きは、強い心をもっておかないと、駆け引きによって相手に打突されてしまいます。

相手を探りながらも、相手の動きにとらわれ過ぎてしまうと、自分自身に狐疑心が生まれ、相手に打突のチャンスを与えてしまうことに繋がります。

狐疑心とは、狐の性質のように疑う心の多いことをいいます。

これを剣道の場合に当てはめていえば、疑い深くて決心できないことであり、これはすなわち、心の隙になります。

試合や稽古の中で一旦、狐疑心が生じてしまうと、たとえば、こちらが面を打っていけば相手は小手にくるのではないか、などと疑って、注意力・判断力・決断力を欠き、隙を生じ、たちまちそこを相手に打突されてしまします。

そうした気持ちのやりとりが剣道の試合や稽古ではとても大切で、この駆け引きが勝敗を大きく左右させます。

駆け引きとは相手の気持ちを上手く読み取ったり、動かしたりして自分が相手を打突する機会を生み出すことです。


2.小手の誘い方

小手を誘う方法は人によって工夫などは様々であるので、最終的には自分のスタイルを自分で見つけていくことが大切です。

試合や稽古の相手も千差万別なので一概にこの方法だと絶対に小手を誘えるとは限りません。

経験が豊富な人ほど、その誘いの裏をかいて先を読まれることもあります。

しかし基本的な小手の誘い方とは、相手が小手を打ちたくなるような駆け引きを行えばいいのです。

例えば自分が小手を打とうとしている立場に置き換えて考えてみると、小手は面よりも近い打突部位で相手の手元を打つ技なので、相手の手元を抑えたいとき、つまり相手の手元が浮いているときに打ちたいと普通は考えると思います。

ですから、自分が相手の手元が浮いたところを打ちたいと考えるのと同じように、相手が打たくなるように手元を見せたり、打つ気があるように見せたりするのです。

そして、その誘いに相手が乗ることを想定して、相手が小手を打ってきた時にこちら側がどのように応じていくかまで考えられたらなお良いです。


3.まとめ

「小手の誘い方」はどのような状況で、どんな相手かにもよるので一概にこれというのはありませんが、自分自身で研究を重ねて見つけ出すことが大切です。

自分の経験則で生み出していきながら上達させていくのが一番身につきます。

誘い方を上達させる基本的な考え方のポイントは、自分の立場に置き換えて考えてみて自分だったらだんな時に打ちたくなるか、ということを様々な場面で想定しながら考えることです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ