剣道の出ばな技の打ち方とコツを掴もう

相手が打って出る瞬間に打ちこみに出る技を、出ばな技といい相手が打ってきたからと応じるとは、また違うのです。

打ってきたと、打ち出る瞬間は違い、剣道では常に、相手の隙を見逃さず自身の有効打突を決めなければなりません。

では、剣道の出ばな技とは、どのような技でどんな場面で使えば良いのでしょうか?


1.「先の技」出ばな技

剣道の攻めには、三つの先があり「先」「先の先」「後の先」ですが、出ばな技は、「先」の攻撃になり、「先」とは、相手の機会を制して勝つ意味になります。

この「先」は、互いに打ち合うことであり、相手の竹刀が動く前に、こちらも打ち出ることが必要なのです。

説明のとおり出ばな技は、相手が打ち込む瞬間を逃さずに自身も打ち出る技で、相手が攻撃することに集中しているときの隙をついて狙い打ち出る決める技です。

相手が小手を打ち出る時には、こちらは竹刀を下げ相手の間合いに入り込み打ち、相手が面を内に出る時は、竹刀が上がった瞬間を狙い面を打つ、といった打ち技を出ばな技といいます。


2.出ばな技の練習パターン

出ばな技は、簡単に出来る技ではない為、身に付けるには練習と努力で体得しなければいけません。

相手をしっかり観察し、打ちに出る時間を瞬時に判断するのは、センスよりも練習量を積み重ねた者ほど成功する技とも言えるでしょう。

出ばな技の練習メニューは、出ばな面・出ばな小手・出ばな突きの三種類を行います。

出ばな面-相手が攻め込む瞬間(竹刀が動く瞬間がコツ)すかさず面を打ち出る。

出ばな小手-相手が正面を打って出ようとする瞬間(打ち出ようと手元が上がる瞬間がコツ)相手の竹刀に平行に小手を打ち出る。

出ばな突き-相手が小手を打って出ようとする瞬間(剣先が少し上がった瞬間がコツ)すかさず踏み込み相手の咽喉を突きますが、遅れをとってしまえば相手の小手が決まってしまうので一瞬を逃さずに打ち出て出ばな技を決めよう。

上記のパターンを練習メニューに入れ試合で使えるように意識して練習して下さい。

剣道の出ばな技を体得すれば試合で、自身の攻める得意技として使えることが、気持ちのゆとりも大きくなり自身の強み(得意技を持っている安心感)になります。

得意技として体得するまでは、何度でもチャレンジして自身の技の一つになるよう練習に励みましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ