出ばな技の打ち方とコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回は、剣道の出ばな技や練習メニューにを紹介いたします。出ばな技とは、相手が打突にでようとするまさにその瞬間を捉えて打つ技です。出ばな技には、出ばな面と出ばな小手の2つの技があります。

人間は誰でも打突にいこうとする瞬間は隙が生まれます。そして、それは体や竹刀の動きとして現れます。竹刀、腕、足、姿勢、このどこかに必ず現れます。

上級者になればなるほど、それがわかりくくなったり、時間が短くなったりしていますが、まずはこの体の動きを目で捉える練習をしましょう。

例えば、右足です。通常右足のつま先は袴に隠れていますが、打突に向かおうとする時、必ず袴より右足の先の指が見えます。

これをしっかり見つけましょう。また、竹刀にも変化があります。中に入ったり、一足一刀の間合いの外に出たり、という攻めを繰り返す選手は打つ少し前に一足一刀の間合いの外に出る時はそれまでよりもすばやく動きます。

相手のどこの動作を捉えるのかは個人差がありますので、自分なりの見つけ方を身につけましょう。

出ばな技を紹介いたします。まずは出ばな面です。出ばな面は相手の打突動作の起こりを捉えて、面を打つ技です。相手が面に出ることが多く、たいていは相打ちで相面になります。




従って、相手が面を打つよりもすばやく面を打つことが重要です。剣道の試合では相手の面打ちの速さが、自分よりも若干速いか、同等かそれ以下の時に使われます。

つまり、自分の面打ちの速さが一定の速さ以上であることが要求されます。まずは普段の基本稽古で面打ちの練習をしっかりと積みましょう。

次に、出ばな面を練習します。相手の起こりをしっかりと捉えて、まっすぐに打ちましょう。この時、相面であれば、相手と強く接触しますが、当たり負けないようにしましょう。

特に、小さい選手の場合は、相手は上から乗ってきますので、腕で当たり負けしやすい傾向があります。辛いですが、しっかりと打ちましょう。

次に、出ばな小手です。出ばな小手は一般に「出小手」と略して使われるほど、剣道の試合では頻繁に使用され、一本と認められやすい傾向にあります。しっかりと練習して試合で使えるようにしましょう。

出ばな小手は、相手が面に出ようとする時、手元が上がろうとする瞬間を打ちます。小手打ちが遅いと小手を打つ前に、面に出られ打たれてしまいます。

打突の機会を捉えるのと同じくらい小手打ちの速さが重要となります。基本稽古では練習メニューで小手打ちをしっかりと練習しましょう。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ