剣道の仕掛け技が上達する練習方法

剣道は、人と人が対峙する競技であります。

よって勝負する相手といかに自分が有利に展開できるかということ、つまり対人的技能がどれだけ優れているかということを競う競技ともいえます。

その中に、仕掛け技というのがあります。


1.仕掛け技とは

剣道における対人的技能とは相手と自分との相対動作における技術上の能力のことです。

その中で仕掛け技とは、文字通り相手に仕掛けていく技のことです。

自発的に相手に何かしらアクションを起こし、自分で打突の機会を作っていきます。

一方で「応じ技」とは応じていく技のことで、相互の攻め合いからの相手の打突に対して引き込み、応じて打突する技術です。

ですから、こちら側が仕掛けて打突の機会を作って打突を行ったつもりでも、相手に読まれてしまい、瞬時に応じ技を打たれてしまう危険性もあります。

ですから、仕掛け技を打つ際は、「もしかしたら相手が返してくるかもしれない」というのを予想することもポイントです。

その予想ができていたら、なにか返されそうになった時にこちらも対応できます。

こうして考えていくと、なんとなく応じ技のほうが有利な気もします。

しかし、自分から積極的に一本を求めて打っていく仕掛け技のほうが、気持ちでは相手に負けていませんし、この試合展開が最後は気持ちの強いほうが勝利を導いたりするので、やはり自分からどんどん仕掛けていくことが望ましいですし、剣道の評価も仕掛け技が多いほうが良いとされています。

かといって、自分勝手に打ちたいときにどんどん打っていくのは間違いです。

仕掛け技も対人的技能ですから、相手との駆け引きの中で何を仕掛けていくか、タイミングなども探っていいきます。

相手を積極的に仕掛けていきながらも、相手の出方を見ながら一本となる打突ができるように努めましょう。


2.仕掛け技を上達させる方法

仕掛け技を上達させるには、突然試合や地稽古で試してみるのではなく、練習を重ねることです。

最終的には試合や地稽古で打てるようになるのが目標なのですが、まず一本を打てるようになるための地力をつけなければなりません。

ですからたとえば、「払い面」という仕掛け技を打てるようになりたいとすると、その払い面の動作をスムーズに行うことができるように、何回も技の練習を重ね、体にしみこませます。

その動きを体にしみこませたら、次のステップとして攻防をいれて打つ練習をし、地稽古で試してみたりします。

その地稽古などでうまくいったりいかなかったことを自分でおさらいし工夫を重ねることで、自分にとってベストな払い面を研究していくのです。


3.まとめ

剣道における仕掛け技、応じ技両方は、相手がいるから成立する対人技能なので、仕掛けていったから技が決まるといった単純なことではありません。

地稽古や試合などで積極的に仕掛けて、失敗を重ね、研究を深めていくことが、仕掛け技を上達させる鍵です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ