剣道の攻め技「払い技」が上達する練習方法

剣道の攻め技の中で、相手に隙がみえない時や打ちあいの間を取るようにするのですが、なかなか打ち出ることが出来ない場面があります。

そんな時に、払い技を使い、相手の隙など作るようにして、相手の攻め出れない隙を作り技を繰り出す必要があります。

払いの動作と打ちが同時に行わなければならないので、払い技は速さが必要です。

真剣に攻めに入る相手の竹刀を簡単に払うことは出来ないので、払いについての動作をしっかりと理解してから実践に生かせるようにしなければなりません。


1.剣道の払い技の動き

払い技は、相手の竹刀を左斜め下か右斜め上に払い隙が出来た瞬間に飛び込み打つ技です。

相手の左斜め下に払う時は、払った反動で振りかぶり打ちます。

相手の右斜め上に払った時は、竹刀を振りかぶりと一緒に相手の竹刀も払い打ち動作で、払う時に、竹刀を握っている手を一瞬緩め、打つ際に力強く握りしめる動きをしています。

緩めると絞めるを素早く行えるようにするのです。

棚の右斜めの払い技の時は、自身の竹刀は半円を描くように払うのがコツです。

剣道の払い技は、相手の隙をすかさず払い打つタイミングが適切でないと技を打ちに出ても相手に防御されます。




相手に防御されないよう、払った後は打ちに出るので竹刀を横に払うことのないようにムダを作らないことがコツで、竹刀を振りかぶる動作に時間が掛かる為です。


2.払い面、払い小手から練習しよう

「払い面」「払い小手」以外に、「払い胴」「払い突き」がありますが、払い胴と払い突きは少し動きが違うので同じ動きの払い面、払い小手から練習メニューに組み、慣れてから払い胴、払い突きを練習するようにしましょう。

払い方は、人それぞれですが一般的に練習しやすい払い技は、相手が竹刀を柔らかめに握って剣先を少し下げている構えの時に中段構えから一歩先に出ながら小さく払いあげ(相手の竹刀を左斜め下に払う)面や小手を打つのが少ない動作で行えるので練習メニューに加えてみましょう。

動きが身についてきたら、他の払い技も練習してみましょう。

払い胴のコツは、体全体で払う感じで大きく動作で払います。

払い突きのコツは、払った後の打ちで両手首を内に絞り込んで払い突きます。

腰から着くことを忘れないように行いましょう。

剣道の払い技は、相手の隙を作って打つという攻撃の動きです。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ