払い技の打ち方とコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回は、剣道の払い技の打ち方やコツ、さらに練習メニューを紹介いたします。

払い技には自分の竹刀の左側(表側と呼びます)を使って相手の竹刀を払う払い技、あるいは自分の竹刀の右側(裏側と呼びます)を使い相手の竹刀を払う払い技の2種類の技があります。

自分の竹刀の表側を使う払い技には、表からの払い面、自分の竹刀の裏側を使う払い技には裏からの払い面、払い小手、払い胴があります。

以降、それぞれの技について具体的に説明していきます。剣道の試合で使える技です。手首の使い方がポイントなので、繰り返し練習し、しっかりと体で覚えましょう。

まず、表からの払い面です。一足一刀の間合いから半歩中に入り、足を出しながら、竹刀を右方向に少し振りしっかりと手首を使ってパンと、表から相手の竹刀を払うと同時に力強く踏み込みます。

この時のポイントは、手首のスナップだけ使い、柔らかくかつ力強く相手の竹刀を中心から横に外すことです。決して、肩や腕を使って竹刀を振ってはいけません。

これは竹刀の振りが大きくなってしまい、払いが遅くなってしまうからです。そして、面を打ちます。初めは手首を使って相手の竹刀を払うことがとても難しいので、この部分だけ繰り返し練習してみましょう。




次に、裏からの払い面です。自分の竹刀はたいてい表側にありますので、相手の竹刀の上か下をくぐらせ、裏側にもってきます。

そして、表からの払い面と同じように、手首を使って裏側からしっかりと相手の竹刀を払います。この時同時に踏み込みます。

すると、相手の竹刀を中心から横に外れるはずです。そして、すかさず面を打ち込みます。初めは裏からの払うことはとても難しいです。この払いの部分だけしっかりと反復練習しましょう。

次に、払い小手です。相手の竹刀を払う部分までは今紹介した裏からの払い面と全く同じ動作です。

ただし、小手は面よりも近い距離にありますので、払い面よりも少々遠間から打ち込む必要があります。この時、払い面の時よりも若干剣先側を払うことになります。

これは相手の竹刀に伝わる払う力が弱くなることを意味します。しっかりと手首を使って力強く相手の竹刀を払うことが不可欠です。最後に面の代わりに小手を打ちます。

最後に、払い胴です。払い胴は払うまでの動作は裏からの払い面、払い小手と同じです。最後にしっかりと胴を打ちます。

難しいのは、胴は手首をしっかり返さないといけないことです。払い技の手首の使い方と、胴打ちの手首の返し方は、手首の使い方がかなり異なります。

初めはこの動作だけ剣道の練習メニューに組み込み。しっかりと繰り返し練習しましょう。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ