剣道の引き技を体得して柔軟に技を出そう

剣道では、一本技を打ち出てすぐに一本決まればよいのですが、相手も同じような気持ちで攻めて来ていますので、なかなかそういう訳にはいきません。

その為に剣道では互いにぶつかり接近してしまうので、鍔競り合いや体当りなど、相手との接近する場面も多くあります。

その時に、一つの方法として、引き技を使い次の攻めや有効打突を作ることが出来ます。

どの場面でも打つ隙はあり、隙が出来ないのなら相手の攻撃を止めたり、次の攻撃体勢を作ることを引き技を使い出来るので、引き技を身に付け実践にどんどん生かしていけるようにしましょう。


1.引き技

引き技は、鍔競り合いから引き技を使うタイミングを計るだけでなく相手の構えを崩すこともしながら、自身が引きさがると見せかけて技を打ち出す動作を機敏に出していかなければ、逆に相手に引き技を決められしまうことがあります。

相手と接近した時に使われる鍔競り合いは、互いに一息つくのではなく互いに隙を狙っているのです。

引き技を打つ時も、一本決める気持ちで有効打突とする気持ちを持って打ちに出ましょう。


2.引き技のコツと練習メニュー

まず、引き技のコトとは、相手の構えを崩すこと。引きは、打てる間合い間で引くようにする。動作は機敏にしっかり強い打ちをすること。

引いて打った後、相手に逆に打ちに来られないように強い気持ちを持って打つこと。

「気剣体」それぞれを一致させた時に使うことが、引き技の有効打突としての一本になる正しい打突と言えます。

○引き面-鍔競り合いから、相手の手元が前に出た隙に送り足、開き足で一歩後ろに引きながら、大きく振りかぶって気迫をもって打突し相手との間を離れる。

○引き胴-鍔競り合いより、相手の手元が上がる瞬間を狙い左に竹刀を返し、相手の右胴を打ち送り足、開き足で後方に退きます。

他に逆胴もありますが、体さばきが難しいので右胴から練習して下さい。

○引き小手-相手の隙をみて斜め後方へ開き足で大きく退き、竹刀を反して相手の右小手を打って相手の間から離れる。

これに慣れてきたら、小手-面-引き面などの二段三段の技を練習メニューに加えて連続の技へとアレンジしながら引き技を練習しましょう。

剣道の引き技で一本を決めるのは、強い打ち、強い気力など十分に出せるようにして意識して練習に励みましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ