引き技の打ち方とコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回は剣道の引き技の打ち方やコツ、さらに練習メニューを紹介いたします。引き技とは、つばぜり合いから後ろに引きながら後ろに踏み込んで打つ技です。

引き面、引き小手、引き胴があります。どの引き技も共通することですが、引き技の前に行われるつばぜり合いの中で、しっかり相手の体勢を崩す、あるいは相手の隙を作り出すことが重要です。

例えば、相手を押す、相手をいなす、あるいは相手に気付かれないようにスーッと引いて引き技をうつ間合いをつくることが大事です。

 剣道の引き技や練習メニューを1つ1つ説明いたします。まず引き面です。引き面は、最初に左足を引き、右足を引いて踏み込んで打ちます。

この時に面をしっかりと打ちます。まずは足さばきを練習しましょう。前後移動の足さばきは既に練習していると思いますので、後ろへの踏み込み足の練習を繰り返し行いましょう。

次に、引き技全体の足さばきを練習します。引き技は後ろに引きますので、前進するよりもスピードが遅くなります。

引き面を打った時、相手がそこを追い込んでくると追い込まれやすいです。相手が引き面を避け、追い込んでくることを想定し、すばやく後ろに下がることを強く意識しましょう。

ただし、試合会場の外に出ないように広さを把握し、下がり過ぎないように十分に注意しましょう(試合会場の外に出てしまうと場外反則をとられます)。

次に引き小手です。引き小手は、引き面と同様にして、引きながら小手を打ちます。ただし、小手は、面よりも自分に近いところにありますので、間合いを変える必要があります。

つばぜり合いから引き技を打つまでに引き面を打つ時よりもやや遠い間合いを創りだすことが大事です。

最近の剣道の試合では、近間までも打てるように、左手を中心からずらし、左腰あたりまで移動させ、竹刀を振り、引き小手を打つ引き小手を打つ選手も中級者程度以上でいます。しかし、左手の位置が難しいため、初心者はそういった技は使わない方が良いです。

最後に、引き胴です。引き面や引き小手と同様に、引きながらしっかりと手首を返して胴を打ちます。

最も注意しないといけないことは、引き胴を打った後は面と小手、さらに突きがガラ空きになってしまうことです。

従って、相手が引き胴を避け、追い込んできた場合は大きなピンチになりやすいです。すばやく一定距離後ろに下がり、すばやく中段の構えに構えることがとても大事です。

また、追い込まれるリスクを少なくするためうに、まっすぐに後ろ下がるのではなく、やや右側へ下がるというのも効果的です。繰り返し練習し、試合でも不安なく使えるようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ