剣道は二段三段の技で攻撃速度を上げよう!

剣道で相手へ連続して攻撃をする時に、二段打ちや三段打ちを有効打突や相手への攻めとして、決まるまで行う動作が連続技ですが、ただ打ちまくるというだけでは、いつまでも一本は決まらず、自身の体力も無駄に消耗してしまいます。

その為に、二段三段の技を確実に有効打突へと、打っていける体力や技量などを練習して実践に生かせるようにする必要があります。


1.二段三段の技とは

二段三段の技は、一本打ちで決まらないが相手に隙ができた瞬間に次の技を打つ動作で、それでも決まらなければ、もう一本打つ技です。

他に、相手の攻め出ることを防いだり、相手の攻撃する機会を打ち消すことも出来ます。

剣道では相手の隙を作る為の打突はありません。

一本打ちでの考えで、相手に防がれてしまった時に、さらに攻撃をかけていく考えで二段三段の技を打つのです。

連続して打って、出なければならない時の為の二段三段の技が出せるよう身につけます。

その為に足さばきも必要です。

二段三段と一気に出す為には、左足を素早く引きつける事がコツです。

二段三段の技は、一本打ちの技と変わらず、剣道で大切な技ですので、基本練習メニューには欠かすことが出来ません。





基本二段三段の技の練習パターン

小手-面 右小手を攻撃し失敗したら、素早く踏み込みながら竹刀を振上げ正面を打つ。

小手-胴 右小手を攻撃失敗したら、即大きく右足から踏み込み体を右に開き相手の右胴を打つ。

面-面 正面失敗(間が遠すぎる、相手が退いた)したら、もう一度踏み込んですかさず二回目の正面を打つ。

面-胴 正面失敗(相手が受け止めたなど)したら、相手の手元が上がってくるので、すかさず右へ体を開き右胴打ち。

小手-面-胴 小手-面、面-胴の組み合わせ、全てが一気に出来るように素早く体さばきで打つ。

突き-面 突き失敗(相手が退く、体が反れた)したら、素早く踏み込み振りかぶり正面を打つ。

小手-突き 小手失敗(打突不十分)すかさず相手の竹刀を右払いし突きに出る。

突きの二段技などは、面・小手・胴などの二段技が慣れてから練習メニューに入れます。

二段三段の技は、自身の苦手とする技を二段目三段目に組み込み練習することで上達して苦手克服につながります。

目標を決めて集中して出来るよう、練習メニューを組んで下さい。

(例:今週は、小手を中心に二段三段の技に組み合わせて行うなど)







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ