剣道の出ばな技が上達する練習方法

剣道の技の中で、出ばな技は間合いや相手の心理状態を読むことが出来ないといけない少し上級者向けの分類になりますが、コツを掴んでしまえば逆に自信を持って使える武器になりますので、今以上の上達を試みて更なるレベルアップを図りましょう。

まず、出ばな技を練習する前に技の概要をしっかり理解しましょう。

この技は相手が攻め込もうとする、又は打ち込もうとする動作の起こりばなを捉えてさかざず打ち込む技になります。

つまり、相手が出てくる所を打つ技なので、相手の打ちこむ動作、間合い、予測、そしてそれに対応するだけの技量とスピードが必要です。

剣道を上達するための練習はそういったところを重点的に反復練習すると良いでしょう。


1.「最初は技の流れを覚える所から」

最初の段階では、相手が自分の打てる距離に近づいたら、すかさず打つようにします。

慣れてきたら、相手が攻めて出ようとする動作や打突の起こり、さらには気の働きを捉えて、先の技で打てるようにしていきましょう。

ここで、相手が打ってきてから、又は相手にせめられてから打ち込むのでは遅いので要注意です。

相手が攻めよう、打とうとするその起こりばなを打てるように気力を充実させて、集中力を高めておき、打突の時は身体全体を使い、思い切って打つようにしましょう。

まずはその全体の流れを頭と身体でゆっくり覚えてってください。


1.「手打ちにならないように注意」

この出ばな技で勘違いしやすいのが、出ばなを打とうと焦り過ぎて手打ちになってしまうことです。

つまり、下半身が残った状態や手の振りが不十分もしくは竹刀の当たりが外れている等を回避するため、「とにかく竹刀で合わせよう」としてしまうと、手打ちの技となり一本には認められません。

出ばな技を放つ時は、通常の打突の仕方となんら変わりません。

あくませ相手の出てくる所に合わせて打つ「出ばな技」ですので、技の仕方というより間合いをどうとり、相手の動きをどこまで予測できるか?が重要になってくると思います。

効果的な練習方法としては、「出ばな面」の場合を例にあげると、間合いをとって対峙している時に、どのタイミングなら早いか、遅いかを何回か試してください。

相手の動作の起こりとしては、大抵面打ちが分かりやすく右手が動いた瞬間を狙って打つやり方が一番良いと思います。

この剣道の出ばな技はタイミングと思い切りの良さが上達するための重要なポイントですので、常に意識をしながら打ち込む練習をしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ