剣道の払い技が上達する練習方法

剣道の払い技が上達する練習方法は、相手の竹刀を払う練習ではなく相手の構え自体を崩すようなイメージをもつことがまず大事だと思います。

そして、打突する技の軌道上に邪魔な竹刀を最小限の動きで払うことも大事ですので、通常の打突技と払いの工程を追加した両方の動き、フォームが同じになるように意識してください。

その時、手は柔らかくという意識を忘れないようにして練習するようにしましょう。

きっと上達するはずです。


1.「刃筋は曲げない」

払う時に相手の竹刀を強引に左右に払うのではなく、両手首を柔らかく使って竹刀の重心点が弧を描くように払い、決して自身の刃筋を曲げるのではなく正しながら踏み込んで打突します。

払い面の場合は、面を打つ竹刀の軌道はほとんど変化させずに払うことが出来るはずです。

払い小手の場合は、左手はぶれずに右手を柔らかく弧を描くように打つことが出来ればスピードも殺さずに打突可能です。

払い胴の場合が一番難しく、相手が中段の構えで対峙した時、手首全体を上方向に払って胴を狙えるだけのスペースを作り出さなければなりません。

こちらは竹刀を払われたことで相手が面打ちを返してきた場合に生じて合わせると成功しやすいと思います。

単独で厳しい場合は、相手の動きにプラスすることで効果的な展開が可能であると考えます。


1.「実戦での払い技について」

実際の試合で効果的な払い技を決めるには、自身が攻める時ではなくどちらかというと相手が攻めんとする動きに合わせることをおススメします。

例えば、払い面をする場合において中段の構え同士で対峙した場合、自身から「払う」→「面打ち」という一連の流れを繰り出すのではなく、ワザと隙を生じて「誘い」を作ります。

そうすると相手が何かしらのアクションを起こしますので、その動きに合わせて払い技を使います。

「相手の攻め初動」→「払う」→「面打ち」という流れを意識することで、試合でも上手く決めることが出来るのではないでしょうか?

剣道では人体人の勝負ですので、間合いを取っている時も常に心理戦が繰り広げられています。

身体の動きや目線、ちょっとした剣先の動きなども見逃さないようにしてください。

何度か対戦したことのある相手であれば、ある程度のクセや傾向が分かってきますが、初めて対戦する相手にはどんな攻め方をするのかまったく情報が無い状態になります。

対外的な試合ではほとんどが初めてだと思いますので、試合の中でちょっとした変化を見逃さずに学習していきましょう。

剣道では払い技だけでなく、その他の技全てにも言えることかもしれませんので、日々気にするようにしてください。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ