剣道の応じ技の一つ「返し技」の打ち方と練習方法

剣道の返し技は、すりあげ技とよく間違えられやすい技ですが、返し技は応じ技のすりあげ技の動きで、応じた側の竹刀で打つ打ち方の逆の動きをして、応じて打つ技です。

応じ技には、「抜き技」「返し技」「すりあげ技」「打ち落とし技」があります。

応じ技は、相手が出てからではなく出るところを、応じて打つ技であり、返し技も4つの応じ技の一つです。


1.返し技に」ついて

剣道の返し技には、「面返し面」「面返し胴」「面返し小手」などありますが、返し技の動きもすりあげ技のように、表で返す(左側で応じる)と裏で返す(右側で応じる)と二つのパターンがあります。

どちらも応じる動作と打つ動作を一拍子で行うのでスピードが必要になります。

それ以外に、応じ方によっては「体さばき」「足さばき」も重要になります。

これら全てを一度に行うので、相手の動きに瞬時に対応できる集中力も養っておかなければなりません。


2.返し技の面返し胴を練習してみよう

返し技で、よく使われ練習することが多い技を説明します。

剣道高段者を目指す方には、応じ技を修得しておく必要があります。

返し技が審査基準に含まれることも多いようで、剣道を熟知し落ち着いた心で相手に応じて打つことが望ましく求められているからです。

○面返し胴
一足一刀の間合いから相中段で構え、相手が面を打ちに出てくるところを構えたまま待ち、相手が振り下す竹刀を自身が引きこむように(竹刀で表・左側)に応じます。

左右手首を左へ、ひねり返し相手右胴を右足から右斜め前に体を開き打ちます。

ここでのコツは、しっかり手の打ちを絞めることで、相手の胴へ刃筋正しく左右手を十分にひねり返し打つことが大事です。

返し胴の逆胴もありますが、難易度が高いので先に、相手右胴打ちから練習して下さい。

返し技の練習メニューは、面を付けて行う練習では「返し胴」の練習を行って正確さスピードを身に付け、集中力を養う為の連練習は、木刀を用いて「木刀による剣道基本技稽古法」の基本8「返し技」を練習メニューとして2パターンでの稽古を行うようにして下さい。

意味を理解して練習を行うことと、そうでない場合では上達も違ってきます。

返す意味を木刀で把握し、より実践で生かすことができる技を身に付けるよう意識して練習を行うようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ