返し技の打ち方とコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回は剣道の返し技の打ち方とコツ、さらに練習メニューについて紹介いたします。

返し技とは、相手が面や小手を打ってきた時に竹刀で避け、面、小手、胴を打つ技です。どの返し技も相手の力を利用して打つのが特徴です。

面に対する返し技として、面返し面、面返し胴、小手に対する返し技として、小手返し面、小手返し小手があります。

特に、面返し胴は剣道の試合において頻繁に使われますので、練習メニューに組み込み、繰り返し練習しましょう。以降、1つ1つの返し技について説明いたします。

まず、面返し面です。面返し面とは、相手が面を打ってきた時に、右側に竹刀を倒して相手の技を受け、すばやく竹刀を回して返し、相手の面を打ちます。

重要なポイントは、相手の力を利用し、竹刀を回すことです。この部分が初めはとても難しいので、竹刀を返す練習を繰り返し行いましょう。

面返し面の場合、すばやく竹刀を返さないと、相手との距離が詰まり、面を打てなくなってしまいます。竹刀をすばやく返すようにしましょう。

次に、面返し胴です。面返し胴とは、相手が面を打ってきた時に、右側に竹刀を倒して相手の技を受け、すばやく竹刀を回して返し、手首をしっかり返して相手の胴を打ちます。

面返し面とは若干異なり、相手の力は利用せず、面を受けた後に竹刀をすばやく返して胴を打つことが重要となります。さもないと相手との距離が詰まり、胴が打てなくなります。

剣道の試合では、左手を外し、右手一本で胴を打つ選手がいますが、初心者の段階では、両手を使って打ちましょう。というのも稽古中から右手一本で胴を打つと、試合ではもっと間合いが詰まり、打てなくなってしまうからです。

次に、小手返し面です。小手返し面とは、相手が小手を打ってきた時に、右側に竹刀を倒して相手の技を受け、すばやく竹刀を回して返し、相手の面を打ちます。

剣道の試合では、小手を打った後は相手との距離が詰まっており、竹刀を回す時間がないので、小手を受けてすぐに面を打つという形で使われております。従って、練習をしておいて損はないです。しっかり反復練習しましょう。

最後に、小手返し小手です。小手返し小手とは、相手が小手を打ってきた時に、右側に竹刀を倒して相手の技を受け、すばやく竹刀を回して返し、相手の小手を打ちます。

剣道の試合では小手を返した後は相手との距離がほとんどありませんので、この技はめったに使えません。しかし、実力差がある、あるいは相手が前進するのが遅い時に使う機会があります。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ