剣道の打ち落とし技の使う場合を見極める打ち方

剣道の「打ち落とし技」は、応じ技の中で一番高度な技で、まだ初心者には難しいのですが、剣道の応じ手を知っておく必要があります。

剣道の技や動きは、全て基本の動きから成り立っているので、それぞれの技の動きをしっかり覚えて自身の動きからイメージしてバリエーション豊富な動きを出来るようにしましょう。


1.打ち落とし技について

剣道の打ち落とし技は、打ちこんでくる相手の竹刀を左右どちらかに打ち落として、相手の打突を無効にし、自身の打ちを有効打突として狙い打ち込む技です。

打ち落とし技は、相手の隙を捉えるのも大事ですが、攻める相手の姿勢など相手の癖や攻撃パターンを読取ることが重要になります。

たとえば、相手との攻防の中で、相手の竹刀が剣先低く攻めてくる場合などに使うと有効な技です。

逆に相手の竹刀が高い竹刀には、「すりあげ、返し、抜き」が適しています。
簡単なようですが、タイミングを間違えると逆に打たれることもあるのでしっかり動きを把握しておきましょう。


2.打ち落とし技の打ち方と練習メニュー

打ち落とし技は、相手の打ちこんでくる竹刀を右や左に打ち落とし、相手の隙を狙い打ち出る技です。




打ち落とし方も2パターンあります。

1.表に打ち落とす
右上から左下へ打ち落とす。

2.裏に打ち落とす
左上から右下に打ち落とす。打ち落とし技は、「切り落とし技」とも言われ、一拍子での動作で打ち落としと、打突を瞬時におこうなうの為、とても難しい技です。

3.練習メニュー
●面打ち落とし面(表)-右開き、左下打ち落とし

●面打ち落とし面(裏)-左に開き、右下打ち落とし

●小手打ち落とし面(裏)-右下打ち落とし

●胴打ち落とし面(裏)-右下打ち落とし

この中で胴打ち落としを説明します。

4.胴打ち落とし面
相手が右胴打ちに対して、左開き足で左体さばきをしながら相手の竹刀を右下(裏)に打ち落とし面を打ちます。

相手の腕が伸びた瞬間を狙い、体と腰をひねり斜め前で打ち落とすのがコツです。

剣道の応じ技での打ち落とし技は、しっかりとした指導者に自身の動きを見てもらいましょう。

基本の動きが崩れてしまうと、応じ技の打ちや体さばきも理にかなった動きでなくなってしまうので、正しく体得しましょう。

気剣体の一致を意識して自然と動けるようになってから、実践で使ってみましょう。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ