打ち落とし技の打ち方とコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回は剣道の打ち落とし技の打ち方とコツ、さらに練習メニューについて紹介いたします。

打ち落とし技とは、相手が面や胴を打ってきた時に、それを自分の竹刀を上から下へ振り、相手の竹刀を打ち落とし、面を打つ技です。

打ち落とし技には、面打ち落とし面、胴打ち落とし面があります。現代の剣道の試合では、竹刀の動きがとても速く、その竹刀を打ち落とすのはタイミング的に難しいので、めったに使われることはありません。

しかし、刀を用いて試合が行われていた時代は比較的よく用いられていた技のようです。剣道の歴史やルーツをしっかりと理解するためにも一度は練習メニューの中で学習しておいた方がよい技でしょう。以降、個々の打ち落とし技について順に説明いたします。

まず、面打ち落とし面です。面打ち落とし面とは、相手が面を打ってきた所を、タイミングよく相手の竹刀を上から下へ打ち落とし、面を打つ打ち落とし技です。

まっすぐ打ち落とすのは難しいので、斜め横から切り落とすイメージで相手の竹刀を打ち落としましょう。

古い指導者の一部は切り落とし面と呼ぶ方もいらっしゃるぐらいです。初めは元立ちはゆっくりと面を打ち、それを打ち落とす練習をします。

打ち落とせる面積が狭いので、とても難しいです。また、打ち落とした後の間合いは非常に近いので、もはや面を打てないかもしれません。従って、初心者は、できなくても全く問題ありません。

次に、胴打ち落とし面です。胴打ち落とし面とは、相手が胴を打ってきた所を、タイミングよく相手の竹刀を上から打ち落とし、胴を打つ打ち落とし技です。

まず、相手が胴を打ってきた時に手元を挙げずに打ち落とす練習をします。この時重要なポイントは脇を締め、手首だけで相手の竹刀を力強く打ち落とすことです。

胴打ち落とし面は、面打ち落とし面とは異なり、相手が胴を打ってきます。胴打ちは竹刀が横になっており、打ち落とせる面積が広いので、面打ちよりも格段に打ち落としやすいです。

面打ち落とし面よりも先に、胴打ち落とし面を打つ練習をしても良いでしょう。本立は初めはゆっくりと胴を打ち、それを打ち落とす練習をしましょう。

その後少しずつ実戦の竹刀のスピードに近づけて練習しましょう。胴打ち落とし面は銅を打ち落とすことは難しくとも、相手が無理な胴打ちを行い、姿勢が崩れているときに面を打つ動作に応用できます。

胴打ち落とし面そのもの技を使う頻度はめったにありませんが、このような面打ちは比較的多いです。しっかりと練習を積んでおきましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ