剣道のすりあげ技を上手に実践で生かそう

剣道で、すりあげ技を実際使うところを見るのは、剣道に慣れてきたぐらいの頃からやっと、見て分かるくらいの小さく素早い動きで、一般の人では見て今の技は、何だったのか分からないくらいのスピードです。

剣道経験者でも、慣れてないとすりあげて打突するスピードがあまりに速いので、しっかり見ていても見逃しやすい技です。

このすりあげ技を効果的に使えるようになれば、自身の剣道により磨きがかかり、一気に上達しバリエーションが増えることで、より剣道を楽しめます。


1.すりあげ技について

すりあげ技は、応じ技の一つでありますが、応じ技は、「抜き技」「返し技」「打ち落とし技」「すりあげ技」とあり、自分の竹刀の左側で応じた時は、相手の左側を打ち、右で応じた時は相相手の右側を打ちます。

このように、応じた側を打つことが、「すりあげ技」といいます。

すりあげ技には、「表」からのすりあげと、「裏」からのすりあげがあり、「表」からのすりあげは、相手の竹刀を自分の竹刀左ですりあげるやり方と、「裏」からのすりあげは、相手の竹刀を自分の竹刀の右ですりあげます。

すりあげは、表裏どちらでも、自分がやり易い方法で行うと良いでしょう。

剣道のすりあげ技は、他に、「面すりあげ小手」「小手すりあげ面」「小手すりあげ小手」「突きすりあげ面」があります。


剣道すりあげ技の「表すりあげ」「裏すりあげ」のコツや練習メニュー

1.面すりあげ面(表・左)
相手が正面を打ち出るとこを、自分の左側ですりあげながら振りかぶり踏み込んで正面を打ちます。この時、自分の竹刀が左肩上を半円描きながら打つことがコツです。

2.面すりあげ面(裏・右)
相手が正面を打ち出る事を自分の右側ですりあげながら振りかぶって踏み込み正面を打ちます。(右面でもOK)裏のすりあげも表すりあげと同じように半円を描くような動作がコツです。

すりあげ技を素早く行う為には、手首も重要なので、面すりあげ面(表・左)(裏・右)を手首使いで半円を描くようにします。しっかりと手首を動かし柔軟性をつけて練習をして下さい。

手首を柔軟にする練習の仕方は、柄頭を両手で軽く持ち、左右と竹刀を交差するよう回転させる動きで、手首をやわらかくしておきましょう。

すりあげ技は、手首の返しと竹刀さばきが必要ですので、日々手首の柔軟も合わせた練習メニューも行って下さい。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ