すりあげ技の打ち方とコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回は、剣道のすりあげ技の打ち方やコツ、さらに練習メニューについて紹介いたします。すりあげ技とは、相手の竹刀をこすりあげて打つ技です。

剣道の払い技と同様に、自分の竹刀の表側(左側)を使って相手の竹刀をすりあげる技と自分の竹刀の裏側を使って相手の竹刀をすりあげる技があります。

表からのすりあげ技として表からのすりあげ面、裏からのすりあげ技として、裏からのすりあげ面、すりあげ小手、すりあげて胴があります。以降、やり方や練習メニューについて1つずつ説明いたします。

まず、表からのすりあげ面です。まず竹刀をほんの少し右下へ振ります。そして、弧を描きながら相手の竹刀を表側からすりあげます。

そして、弧を描きながら相手の面を打ちます。初心者の場合、多くの面打ちはまっすぐに打つと習いますが、すりあげ技だけは弧を描きながら面を打ちます。

まっすぐではありません。初めはすりあげ動作と、弧を描きながら打つ動作はともに難しいので、2つに分けて練習しましょう。

すりあげは一歩前に出ながら表からすりあげる練習を、弧を描きながら打つ練習はすりあげが終わった瞬間から一歩前に出ながら打つ練習を繰り返しましょう。最後に全て通して練習しましょう。

次に、裏からのすりあげ面です。まず自分の竹刀を相手の竹刀の下をくぐらせ、相手の竹刀のほんの少し左下へ振ります。

そして、弧を描きながら相手の竹刀を裏側からすりあげます。そして、弧を描きながら相手の面を打ちます。まっすぐにうち基本の面打ちとも、表からすりあげての面打ちとも竹刀の動きが異なります。

第一に一歩前に出ながら裏からすりあげる練習を繰り返しましょう。次に、すりあげが終わった瞬間から一歩前に出ながら打つ練習を繰り返しましょう。

最後に全て通して練習しましょう。なお、裏からのすりあげ技全てに共通していえることですが、相手の竹刀を渡ったあとは小手がガラ空きになります。渡った後はすぐに技を打ちましょう。

次にすりあげ小手です。まず自分の竹刀を相手の竹刀の下をくぐらせ、相手の竹刀のほんの少し左下へ振ります。

そして、弧を描きながら相手の竹刀を裏側からすりあげ、弧を描きながら相手の小手を打ちます。小手は面よりも近い所にありますので、裏からのすりあげ面よりもうちやすいです。繰り返し練習し剣道の試合で使えるようにしましょう。

最後に、すりあげて胴です。まず自分の竹刀を相手の竹刀の下をくぐらせ、相手の竹刀のほんの少し左下へ振り、弧を描きながら相手の竹刀を裏側からすりあげ、しっかりと手首を返して相手の胴を打ちます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ