剣道の返し技が上達する練習方法

剣道において、「返し技」とはほとんどが相手の面に対して返し胴を打つことを示しています。

つまり、剣道では返し技=面返し胴 と言っても過言ではありません。

まず、面返し胴は相手の面打ちに対して、右足を右斜め前に出し、自分の竹刀の左側で応じて身体を右にさばくと同時に、竹刀を返して相手の右胴を打ちます。

この時に、足さばきに意識がいき過ぎると手の返しや技の精度が曖昧になってしまい、失敗します。

手首の返しと竹刀の受け返しを十分に行い、動きを身に着けてください。

また、慣れてきたら一足一刀の間合いや遠い間合いからの面打ちに対して返し胴を打つ練習をすることで上達するはずです。


1.「面返し胴が出来れば面返し面も出来る」

面返し胴が出来るようになれば、自ずと面返し面も出来るようになります。

なぜかと言うと、以前に面と胴の技の振りや竹刀の軌道は途中まで一緒です。

そして、相手の面を切返す際の動作は同じなのでコツを掴めば水平展開は可能というワケです。

剣道はいろいろな技や動きの組み合わせの要素が強いので、パターンについては自身で研究して必要があれば見取り稽古を率先して行うことで、技のバリエーションを勉強していきましょう。

技が上達するためには、実際に動きやタイミングを計るための練習と第三者的な目線でいろいろな人の技を見てイメージトレーニングすることも大事です。


1.「以外と裏目?小手返し面」

面返し面、面返し胴と身に着けることができれば、少し上級者向けの小手返し面も出来るはずです。

そもそも「小手返し面」とは、相手の小手打ちに対して、右側に剣先を開いて、自分の竹刀の左側で小手を防ぎつつ竹刀を返して相手の面を打つ技です。

こちらも言うのは簡単ですが、面や胴違い自身の面の位置まで振りかぶることが無いため小手先で手首を返さないとならないため、上手くいかないと手詰まりしてしまう恐れがあります。

イメージとしては剣先を小手先で右側に一回転してその反動を利用して面に軌道を乗せていくというやり方を実施してみてください。

更に上達する練習方法は、相手がランダムに「面・小手」を打った時に直ぐに返し技が反応することです。

この時に足さばきは必要ありません。お互いに足が止まった状態で手さばきで反応するように意識して行いましょう。

残心を決めるための踏み込みはその手さばきをしっかり身に着けた後で、付け加えれば良いので焦らずにじっくりと反復練習することをおススメします。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ